2021年1月20日10,025 ビュー View

【栄養の黄金比】まるで和食のようなバランス! 柴犬こそ食べてほしいフード『NOW FRESH™️(ナウフレッシュ)』

犬たちは、犬種やライフスタイルによって好ましい栄養が異なります。私たち日本人が魚とお米がカラダに合っているように、柴犬には柴犬に合った食事があるのです。さらに現代の犬たちは、昔に比べて運動量が格段に少ないなど、ライフスタイルは時代とともに変化しています。

今回ご紹介するのは、今を生きる柴犬にぴったりなフード『NOW FRESH™️(ナウフレッシュ)』。まるで和食のような栄養バランスで、非常に彼らの特性とマッチするのです!

 

(sponsored byグローバルペットニュートリション株式会社)

時代に乗り遅れないで! 変化する犬のライフスタイル

柴犬,フード,NOW FRESH,ナウフレッシュ

Vorobyeva Valeria/shutterstock

みなさんの愛柴は、一日にどれくらいお散歩(運動)をしているでしょうか。

 

“家族”と暮らすようになった犬たちは、大昔の犬(あるいは犬の祖先のオオカミ)に比べて運動量が落ちているといわれています。

 

それもそのはず、昔の犬は自ら狩りをしたり、危険な動物から逃げまわるなど運動量が多い環境下で過ごしていました。

 

犬のライフスタイルも時代と共に変化しているからこそ、健康に関する考え方も変えていかなければなりません。

 

 

食事はバランスが大切な時代

柴犬,フード,NOW FRESH,ナウフレッシュ

Model:@cocokurumilk

運動量が減った今の犬たちは、食事のバランスが非常に大切です。

 

たんぱく質のみにとらわれず、適度な炭水化物(糖質)やカラダに必要な脂質など“いい塩梅”を意識すること。

 

さらに柴犬の歴史をたどっても、彼らには三大栄養素(たんぱく質・糖質・脂質)がバランスよく含まれた食事が好ましいと考えられています。

 

人間でいえば、和食のようなごはん!

 

これこそ、今を生きる柴犬にふさわしい食事なのです。

 

カナダ発。なのにドッグフード界の和食!? 新鮮さにこだわったNOW FRESH™️(ナウフレッシュ)

柴犬,フード,NOW FRESH,ナウフレッシュ

Model:@menma_shiba

そこでオススメしたいのが、100%フレッシュにこだわったフード『NOW FRESH™️(ナウフレッシュ)』。

 

たんぱく質・糖質・脂質がバランス良く含まれ、ドッグフード界の「和食」的存在。

 

もちろん人工添加物は不使用で、安全にも十分に配慮したカラダに優しいフードです。

 

 

 

柴犬にふさわしい栄養バランス!

柴犬,フード,NOW FRESH,ナウフレッシュ

Model:@menma_shiba

NOW FRESH™️(ナウフレッシュ)の特徴は、たんぱく質の含有率が25%前後であること。

 

これは高すぎず低すぎず、柴犬の運動量を踏まえると適量だといえます。

 

さらに、消化に負担をかける穀物は一切使用していません。

 

ポテトや豆類などお腹に優しい食材で、適度な炭水化物(糖質)を補うことができます。

 

また脂質においても、100%フレッシュなキャノーラ油、サーモン油、 中性脂肪になりにくいココナッツ油をバランス良く配合。

 

まさに和食のような、現代を生きる柴犬に適したフードなのです。

 

 

100%フレッシュな生肉・生魚を使用!

柴犬,フード,NOW FRESH,ナウフレッシュ

Elena Shashkina/shutterstock

たとえ優れたバランスでも、安全が保障されていなければ身もふたもありません。

 

NOW FRESH™️(ナウフレッシュ)は、乾燥肉やミートミールを使わず、生肉・鮮魚のみを使用しています。

 

フードを選ぶ大切な基準である“ミールフリー”を実現しているのです。

ミールフリーとは

ドッグフードの原材料でよくみかける「〇〇ミール」。

 

ひとことで言えば、生肉を取った後に出る破片を加工して粉末状にしたもの。

 

これらは“本来食べるべきでないもの”が含まれていたり、高温処理によってたんぱく質の役割りが低下することも。

柴犬,フード,NOW FRESH,ナウフレッシュ

 

フードを極めて安価で提供できることから、ミールを使うメーカーも多く存在します。

 

もし今食べているフードの原材料に「〇〇ミール」と書かれていたら、どのような品質の原材料なのかきちんと確認することをオススメします。

 

NOW FRESH™️(ナウフレッシュ)は、新鮮な生肉・鮮魚だけを使用した“ミールフリー”のフードなのです。

 

 

20種類以上の野菜・フルーツがたっぷり!

柴犬,フード,NOW FRESH,ナウフレッシュ

monticello/shutterstock

NOW FRESH™️(ナウフレッシュ)には、4種のベリーを始めとしたフルーツや野菜が盛りだくさん。

 

野菜の王様ともいわれるアルファルファや、カロテンが豊富なニンジン、ビタミンたっぷりのカボチャなどなど…

 

その数なんと、20種類以上!

 

フルーツや野菜はそれ自体に健康効果が期待できる栄養が含まれていますから、積極的に摂取することが望ましいです。

柴犬,フード,NOW FRESH,ナウフレッシュ

Model:@menma_shiba

 

NOW FRESH™️(ナウフレッシュ)は、たった一度の食事で20種類以上ものフルーツや野菜を摂取できる、嬉しいフード。

 

さらに、健康な腸内環境と免疫機能をサポートするプロバイオティクス、プレバイオティクスもしっかり配合しています。

 

 

食いつきバツグン! 低温でじっくり調理

柴犬,フード,NOW FRESH,ナウフレッシュ

Model:@cocokurumilk

NOW FRESH™️(ナウフレッシュ)のこだわりは、低温でじっくり調理していること。

 

素材の力を生かすことで、栄養を壊さず、おいしさを保つことができます。

 

だからこそ、毎日食べても食べ飽きない美味しさで、食に敏感な柴犬たちも満足するはず。

 

食べムラがある子にも、ぜひ試していただきたいです。

紹介されたアイテム

 

それだけじゃない! 柴犬にオススメしたい更なる理由

柴犬,フード,NOW FRESH,ナウフレッシュ

Model:@cocokurumilk

さらに柴犬にオススメしたい理由は、アレルギーに配慮したグレインフリー(穀物不使用)であること。

 

NOW FRESH™️(ナウフレッシュ)は、一般的にアレルギーが出やすい小麦粉やトウモロコシは一切使われていません。

 

カイカイで悩む子も、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

あなたはどっち派!? 粒タイプは選べる2種類!

柴犬,フード,NOW FRESH,ナウフレッシュ

NOW FRESH™️(ナウフレッシュ)は、レギュラー粒と小粒(クローバー型)の2種類あります。

 

中型犬の柴犬には、レギュラー粒がオススメ。

 

レギュラー粒のほうが、小粒に比べて少しヘルシー(低カロリー)な栄養バランス。

 

日本では小型犬や超小型犬が多いため小粒タイプが人気だけれど、世界的な流通量はレギュラー粒が圧倒的に多いため、ちょっぴりお得なお値段設定!

 

このお得さも推薦ポイントです!

 

フードを変えるとカラダが変わる

柴犬,フード,NOW FRESH,ナウフレッシュ

Model:@cocokurumilk

食事は健康に直結するからこそ、フードがカラダに与える影響は大きいといえます。

 

フードを変えて変化が出やすいのは、便や目の輝きなど。

 

便は、茶褐色のバナナのような状態が望ましいといえます。

 

もしそのような便に変わったら、カラダに合っている可能性が高いです。

 

継続することで、皮膚や関節の変化も期待できると思います。

 

NOW FRESH™️(ナウフレッシュ)は、今を生きる柴犬にぴったりなフード。

 

ぜひビフォー/アフターを意識しながら、試してみてくださいね。

紹介されたアイテム

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • ナウフレッシュ,柴犬