2022年3月21日2,894 ビュー View

【プロが教える!元気を育てる柴ごはん】#25 柴犬にも多い病気・尿石症! その原因からごはんでできる予防法まで

プレミアムペットフード・ケアの専門店『GREEN DOG』でペットフーディストの資格を持つ犬猫の食事のプロ・山本由能さんに、柴犬の食事について教えていただく連載が『プロが教える!元気を育てる柴ごはん』です。今回は柴犬もかかりやすい尿石症の原因や症状から予防対策まで、たっぷりとお伝えします。

外でしかおしっこしない子、水をあまり飲まない子は尿結石になりやすい

柴犬

 

みなさんの愛柴はいつも何回くらいおしっこをしますか? お家の中でも外でもおしっこができるでしょうか?

 

そして1日にどれくらいのお水を飲んでいるかご存じですか? お水の量は意外と意識したことがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

おしっこを長時間が我慢したり、水分不足が続くと発症しやすいのが尿石症。 

 

おしっこの中に結晶や結石ができる病気です。おしっこが通る粘膜を炎症させ悪化すると手術が必要な場合も。

 

原因はさまざまですが、愛柴が罹りやすい種類の尿石症は、ごはんの工夫でも予防が期待できます。

 

今回は、愛柴の健やかなおしっこのためにできることをペットフーディストの山本が説明します。

 

年齢に関係なく発症する病気なので、現在は問題がなくてもぜひ最後まで読んでくださいね。

 

尿石症はどんな病気?

レントゲン

Henk Vrieselaar/shutterstock

 

おしっこが作られてから体の外に出るまでの部位に石状のかたまりが出来てしまうことです。

・腎臓(おしっこを作るところ)

・膀胱(おしっこを貯めるところ)

・尿管・尿道(おしっこが流れるところ)

 

以上のどの部位にも出来る可能性があり、私たちヒトも犬も比較的多い病気といえます。

 

犬全般に起きる尿石症の多くはストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石です。

 

柴犬もこの2種類の発症に気をつけましょう。ほかは遺伝的な問題で犬種性が関わるものがあります。

 

症状

結石

Roblan/shutterstock

 

尿石は、はじめの段階は結晶、次に石へと変化します。

 

結晶の段階でも粘膜を傷つけ炎症を起こし、残尿感があり何度もおしっこをしようとしてトイレの失敗が増えることも。

 

愛柴のトイレの回数が増えたり、おしっこをする様子がいつもと違う(いきむ、痛がる)、おしっこが少しずつしか出ない、お腹を触ると痛がるなどあれば早めに動物病院で診てもらいましょう。

 

トイレシート上にしたおしっこがキラキラ光り、結晶が出ているとわかることも。

 

見た目の様子ではわからなくても触診、尿検査、エコー、血液検査(腎臓の健康状態)等により診断ができます。定期的な健康診断も大事ですね。

 

もし悪化して石が詰まり、おしっこが出なくなると命に係わる危険性があります。

 

原因

柴犬

mannpuku/shutterstock

 

おしっこの中のミネラルがくっついて結晶化、結石化してしまうのが原因(石の核になるものはミネラル以外の場合もあります)。

 

通常は弱酸性を保っているおしっこのpHが変化することで尿石ができやすくなりますが、そのほかにも尿石ができやすい条件があります。

 

◆ストルバイト結石の場合

おしっこがアルカリ性に傾くこと。弱酸性の環境では溶解しているミネラルが結晶化してしまいます。

 

膀胱炎やタンパク質の過剰摂取もおしっこがアルカリ性に傾く原因の一つです。

 

◆シュウ酸カルシウム結石の場合

酸性に傾くと出来やすい傾向があります。また、シュウ酸やカルシウムの不足や過剰により、結石ができやすくなります。

 

これらは相互関係があるミネラルなので、どちらかが多くても少なくても尿石が出来やすくなります。発症はシニア期や雄に多いのが特徴。

 

◆共通して避けるべき要因

・慢性的な水分摂取不足や脱水状態(おしっこが濃縮され尿石ができやすい)

・おしっこの回数が少ない(おしっこが濃縮され尿石ができやすい)

・タンパク質や脂質、ミネラルの過剰摂取(尿石の材料が増える)

 

治療法

柴犬

thirawatana phaisalratana/shutterstock

 

ストルバイト結石の場合は、結石を溶解(おしっこの酸性化)させるための療法食が指導されます。

 

シュウ酸カルシウム結石の場合は一度結石化すると溶解しないので手術が必要です。

 

愛柴は尿石症になりやすい?

 

アニコム  のデータ(家庭どうぶつ白書2021)によると柴犬はほかの犬種に比べ膀胱炎の発症が多いようです。尿石症(ストルバイト結石)の半数は膀胱炎が原因。

 

膀胱炎の原因である細菌(主に大腸菌)感染により、尿のpHがアルカリ性に偏りストルバイト結石を発症しやすくなります。

 

愛柴があまりお水を飲んでくれない、トイレを我慢しがち(外でしかしない)というお悩みがある場合は、特に注意が必要です。

 

予防のポイント

柴犬

yuzu/shutterstock

 

生活習慣の見直しやごはんの工夫で膀胱炎や結石を防ぐことが期待できます。

 

■療法食を与える

獣医師の診断により処方される食事です。

 

体質によっては症状が改善したのちも予防のために継続して与えるよう指導されることもあります。

 

また、療法食の種類によってはお水が飲みやすくなるよう塩分(ナトリウム)が多めに含まれるものもあるため、愛柴の体調によっては与えられないケースも。

 

自己判断ではなく獣医師の指導の下、与えるべきかどうか判断してください。

 

■お水を飲ませる

いつでも飲みたいときに飲めるようにしておきましょう。

 

おしっこの中にくっつきやすいミネラルが増えても、大きくなる前にどんどん外に出せる状態なら心配が少なくなります。

 

たとえば、お水の置き場所も一か所だけでなく、数か所に置くことで飲む機会を増やすことが期待できます。 

 

あなたの愛柴が1日にどのくらいお水を飲んでいるか、一度その量を調べてみませんか。

 

1日の目安量は体重当たり50~60mlです。体重10㎏なら500~600mlとなりますが、運動量が多い、または暑い時や興奮しやすい状態の時のパンティング(口を開けてハアハアというような呼吸)をする時間が多い場合はさらに必要です。

 

■トイレの場所を増やす

出来れば、屋内、屋外どちらでもトイレができるといいですね。屋内でもトイレができると、歳を取って介護が必要な時期にもとても助かります。

 

■バランスの良い食事

タンパク質、脂質が過剰にならないようにしましょう。肥満傾向がある場合はフードやおやつの成分を見直してください。

 

尿石を防ぐごはんの与え方

柴犬

yuzu/shutterstock

 

お水を飲まない愛柴の場合

ドライフードをふやかして与えたり、ウェットフードを利用することで水分摂取を増やすことができます。

 

完全にウェットフードだけにしなくても、ドライフードを8割、残りをウェットフードに変えるだけでも良いでしょう。

 

その際はウェットフードを水やぬるま湯でさらに薄めて与えるとさらに水分量をアップできます 。

 

▼水分を摂らせたい愛柴におすすめのフード

ドライフードにちょい足ししたり、おやつ代わりにおすすめのスープごはんです。

  • 鹿肉のかぼちゃポタージュ

    鹿肉のかぼちゃポタージュ

    べジブロス(野菜からとった出汁)と鹿肉(北海道産)、新鮮野菜をたっぷり煮込んだスープタイプのごはん。

  • チキンの豆乳チャウダー

    チキンの豆乳チャウダー

    鶏ガラスープをベースに、南九州産ささみ、キャベツ、大根、にんじん、ほうれん草、豆乳、片栗粉を加えてコトコト煮込んだスープタイプごはん。

  • おさかなのブイヤベース

    おさかなのブイヤベース

    いわしスープをベースに、京都舞鶴産の魚、キャベツ、大根、にんじん、トマト、セロリを加えてコトコト煮込んだスープタイプごはん。

  • たっぷりきのこの黄金ベジタブルブロス

    たっぷりきのこの黄金ベジタブルブロス

    キャベツ・大根・にんじんをベースにしたベジタブルブロス(野菜からとった出汁)をベースに九州産のきのこ(舞茸・エリンギ・しめじ)、キャベツ、大根、にんじん、パセリを加えて煮込んだスープタイプごはん。

 

偏った食事を防ぐには

ありがちなのは、私たち人間用のおやつやおかずを与えてしまっていること。

 

味付けが濃いものはそれだけおしっこの成分も濃くなってしまいますので、けして与えないようにしてください。

 

また、愛柴に適した主食を与えても、肉系のおやつをたっぷり与えてしまってはタンパク質、脂質の過剰になる場合が。

 

一日に与える量をしっかり調べて過剰にならないようにしましょう。

 

注意が必要な手作り食材 

シュウ酸はホウレンソウ、キャベツ、ブロッコリー、サツマイモなど手作り食に欠かせない野菜に多く含まれています。

 

特にホウレンソウは多いので気になるならアク抜きをしてシュウ酸を減らしてください。茹でてから水洗いすると良いですよ。

 

もしくはホウレンソウを使うときには鰹節(カルシウム源)を一緒に加えるのもおすすめ。

 

シュウ酸とカルシウムは腸でくっつくため、おしっこの中にシュウ酸を増やすことを防げます。

 

またクエン酸(柑橘類、酢)をあげるのも◎。シュウ酸とカルシウムがおしっこの中でくっつかないように働いてくれます。 

 

▼肥満やシュウ酸カルシウム結石が気になる愛柴におすすめ

  • アップルサイダービネガー

    アップルサイダービネガー

    リンゴ酸、クエン酸が豊富に含まれるお酢。野菜のビタミンCの吸収や代謝の維持に役立ちます。一回のごはんに混ぜるのは、ほんの少量(小さじ1/2まで)にしましょう。酸味が苦手なら少量をウェットフードに混ぜ込んでから与えてください。

 

▼水分が摂れるごはん

水分をごはんで摂らせたい愛柴におすすめなのはおじやごはん。お米が好きな愛柴や、お腹にやさしいごはんを与えたいとき、食欲が旺盛なときの虫押さえ(空腹時に、少量与えて空腹をまぎらわす)にもおすすめです。

  • 鹿肉のおかゆごはん

    鹿肉のおかゆごはん

    べジブロス(野菜からとった出汁)と北海道・オホーツク産の鹿肉、米、新鮮野菜とスーパーフードをじっくり煮込み、消化しやすいおかゆタイプに。

  • チキンのおかゆごはん

    チキンのおかゆごはん

    鶏ガラスープと南九州産ささみ、米、かぼちゃ、大根、キャベツ、アマニ油、トマト、ビール酵母、 ゴボウ、粉末おから、すりゴマ、にんじんなどを煮込んだおかゆごはん。

  • おさかなのおかゆごはん

    おさかなのおかゆごはん

    いわしからとった出汁と京都・舞鶴産の魚、米、かぼちゃ、大根、キャベツ、アマニ油、トマト、ビール酵母、 ゴボウ、粉末おから、すりゴマ、にんじんなどを煮込んで作ったおかゆごはん。

 

今回ご紹介した『スープごはん』や『おじやごはん』は、愛犬の食について専門知識を持つペットフーディストたちの声から生まれた『 BY PET FOODIST 』シリーズ。商品ラインアップにはしっとりやわらかい鹿肉ジャーキーなどもラインナップしています。

まとめ

 

今回は愛柴が気になる結石について、おすすめのごはんの工夫をお伝えしました。

 

水分補給については結石だけでなく、健康維持の基本としていつもお伝えしている大事なことです。ぜひ、意識してくださいね。

 

元気を育てる柴ごはんシリーズは今回が最終回となります。これまでご愛読いただきありがとうございました。

 

毎回しつこく同じことを繰り返しましたが、水分補給と運動(もしくはシニア期は体を温めること)が大切なことが伝わっていれば嬉しく存じます。

 

それともう一つ重要なエッセンスは、どんな時も「さあ、おいしいごはん食べようね」  という飼い主さんの気持ちです。

 

末永く愛柴の元気を育み、笑顔あふれる毎日を過ごせますよう願っています。

GREEN DOGとは

世界中から厳選してセレクトした愛犬のためのプレミアムペットフード・ケアの専門店。通販店だけでなく、関東・関西に5店舗、実店舗を構えています。

 

フード選びや食事内容に困ったら、お気軽にお問合せください。

GREEN DOG 相談ルーム

https://www.green-dog.com/shop/consult.php

 

執筆者

GREEN DOG

ペットフーディスト

山本 由能

紹介されたアイテム

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ