2018年11月13日8,292 ビュー View

悲壮感ハンパない!柴犬クッキーの悲しみ〜そんなに大事なことだった…?〜

突然ですが、柴犬って「被り物」や「仮装」が似合う方の犬種であると思いませんか?柴犬といえば顔に「しわ」の少ない犬種ですが、それでも柴犬独特の微妙な表情が出るため、そのように思えます。今回、そんな感情の中でも、絵に描いたような素晴らしい表情を見せてくれたのは柴犬のクッキー。その感情はなにかというと「がっかり」です。おもちゃの角の乗せてもらって「トナカイ」になりきったクッキーでしたが、サイズのせいかすぐに取れてしまったものだから、もう落ち込んで落ち込んで…。もう一つの見所である、動画にぴったりのBGMと共にご覧ください!

この記事のタイトルとURLをコピー

トナカイの角、落ちちゃうよ〜

待ちに待ったクリスマス!クッキーは頭にトナカイの角を乗せてもらって上機嫌です。しかしながら、この角はクッキーの頭や身体からするとちょっと…いやかなり大きい様子。そのため、せっかく乗せても外れてしまいそうになります。

非情にも、クッキーから離れていくトナカイの角…。その瞬間のクッキーの表情が、明らかにいままでと違う顔に。えっ?そこまで落ち込む…?というくらい悲しい顔をしているクッキー。特に眉毛のあたりから悲しそうな雰囲気が醸し出されています。

 

じゃあ、嬉しいときはどんな顔?

その後、きちんと角をつけてもらったクッキー。首の下をいっぱい撫でてもらって、とても上機嫌です。嬉しいときはこんな顔をするんですね!「ふふん。似合うでしょ?」と言わんばかりに、とっても満足気です。

 

それでは、比較してみましょう!

もう一度、動画の最初に戻って表情を比較してみましょう。うん、やっぱり全然違いますよね。クッキー、本当に悲しかったんだね…と背中をさすってあげたくなるくらいです。でも、ここまではっきり「悲しい」と「嬉しい」がわかると、オーナーとのコミュニケーションも取りやすいのでは!

 

それにしても、どうしてクッキーはそんなに角をつけたかったのでしょうか?オーナーは「前世はトナカイだったのかもしれない…」と言っていますが、そう思えてくるほどの悲壮感でしたね。

そして、クッキーの感情を引き立てるにはこれ以上ないほどにマッチした、オーナーチョイスのBGMも最高でした!(笑)

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬、人気のおもしろ動画集!あなたはいくつ知ってる?

 

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事