2019年1月20日4,198 ビュー View

柴犬に「走る電車のおもちゃ」を見せたらどう反応した?

本日の主役は柴犬のてんちゃん。この日オーナーがてんちゃんのためにおもちゃを用意しました。それはあの有名な「走る」電車のおもちゃ、プラレールです。プラレールと言えば自力で動くものであり、普段遊んでいるボールやロープなどのおもちゃとはちょっと違うもの。さて、このおもちゃを前にしたてんちゃんはどんな反応を見せてくれたでしょうか?

この記事のタイトルとURLをコピー

「大きなつづら」の中には…?

 

てんちゃんの前に現れた大きな「つづら」。つづらって言い方は昔話の中でしか聞かないけれど、確かにこれはつづらっぽいですよね。そんなつづらに興味津々のてんちゃんです。そして蓋を開けると、もうおもちゃがぎっしり!その中身はかの有名な電車のおもちゃ「プラレール」。どうやらオーナーの押し入れの中から出てきたようです。さあ、これから一体どうなる?

 

プラレール、連結完了!

 

てんちゃんに邪魔されつつも完成したプラレール。ちょっと短いけれどちゃんと「環状線」になっていますね。まずは試運転ということで、グリーン車はないけれど、お試しにはぴったりな「ドクターイエロー」の発車です!

 

まぁまぁ脱線しつつも…

 

プラレールを初めて見たてんちゃん。勝手に動く不思議なおもちゃにはじめは「?」を浮かべていましたが、動くものはやっぱり興味を引くようで、追いかけてみたり、お尻を振ってみたり、ついには「何者じゃい!」と威嚇できるまでに。しかし当のプラレール、何故か何回も脱線している様子…。実はこのあとオーナーがプラレールを応用した遊びを考えているので、まずは故障確認をします。

 

「おもちゃが何処かに行ってしまう!」驚くてんちゃん

柴犬,YouTube

出典:YouTube(てんちゃんネル)

 

そしていよいよ、オーナーが考えていた「別の遊び」を繰り広げます。その別の遊びとは、走る電車の上にてんちゃんの好きな「骨のおもちゃ」を乗せて走らせてみること!

 

「勝手に動く不思議なヤツ」の上に乗り、ガタンゴトンと走り過ぎ行く大好きなおもちゃ。これにはてんちゃんも驚き、とっさに追いかけました。そしてその後はさらにエスカレートし、オーナーはそのおもちゃの上におやつも乗せてみたようです。

その様子をみたてんちゃんは、一体どうしたでしょうか?それでは動画をご覧ください!

出典:YouTube(てんちゃんネル)

 

プラレール、なかなかのスピードで駆け抜けていましたが電車を倒すこともなく、線路を崩すこともなく、上手に遊べていたようですね。慣れて来たらちょっかいを出してしまうかもしれませんが…

動くおもちゃは犬にとってとても面白いものなので、オーナーさん、今後もたまに登場させ遊んであげてくださいね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

馴染んでいる…?柴犬がトリックアートに挑戦したらどうなった?

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事