2019年3月4日3,180 ビュー View

絶対に離さないよ!引っ張り合いっこで頑固な性格を表した柴犬たち

犬はおもちゃで遊ぶのが大好き。犬用のおもちゃはもちろん、靴下やスリッパ、時にはお掃除ロボットまでもが彼らのおもちゃとなってしまいます。しかし、どうせ遊ぶならオーナーと一緒に遊びたいと思うのはどの犬でも同じ。そうして遊んでいる時、定番である「引っ張り合いっこ」はやはり柴犬みんなが大好きなお遊びですが、柴犬の性格も相まって、なかなか頑固な一面が垣間見えるのです。今回は、そんな彼らの反応を見ていきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピー

柴犬,お遊び

Model:@mokkorikenta(Instagram)

その様子はまるで水上スキー

おもちゃのぬいぐるみから伸びている紐に噛み付いているパピーの柴犬。オーナーが、いくらおもちゃを振り回しても頑固さむき出しで決して離さず、フローリングの上をスイ〜スイ〜と滑ってしまっています。その姿はまるで、ボートに引っ張られて波乗りする水上スキーのよう。そこまでしても離さないだなんて、よっぽど夢中になっているのでしょうね。

将来はきっと、水遊びでも元気に走り回るやんちゃな子となるに違いない!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

그레와 도레 그리고 사람 둘さん(@leejiiiiiiii)がシェアした投稿 -

 

一度食いついたら離さないよ

オーナーが持っているぬいぐるみにガブリと食いついている柴犬。ぬいぐるみを動かして柴犬の心を煽ると、離すまいと余計に力強く噛んでいる様子が伺えます。その後もいくら振り払おうとしても、全くぬいぐるみを離そうとしはしません。そこにはかなりのパワーが感じられ、もう引きちぎれんばかりに激しく振り回しています。

やはり、オーナーと引っ張りあって遊ぶのはどの子もテンションMAXとなってしまうようですね。この遊びの最中にガブリと噛まれてしまう事故が起きないように気をつけなくてはいけませんね…。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

黒柴のくぅちゃん♂さん(@w.kuroshiba9)がシェアした投稿 -

 

興味はあるけど…ちょっとコワイ

最後はこちら。紐のついた魚型のおもちゃを棒で操るオーナーと、それを興味津々に見つめる柴犬のパピー。柴犬はおもちゃのことがとても気になっていますが、ちょっぴり怖いのか積極的に噛み付こうとはしていません。それでも怖いもの見たさなのか、ときどきちょっかいをかけてはまた様子を見ています。パピーながらにも「これは一体何者なんだ…」と、まさに警戒している様子が伺えますね。しかし、逃げはしないその勇気からはやっぱり子犬であっても柴犬の気質が強く感じられます。

オーナーと一緒に、こうやって遊びながらいろんなものを経験して大きくなってね!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

suda.dog.farmさん(@suda.dog.farm)がシェアした投稿 -

 

リアクションこそさまざまですが、やっぱり彼らはこの遊びが大好き。ということで、とっても生き生きとした姿が見られました。きっと「どう動くかわからない」という部分がまるで獲物のように見え、犬が持つ本能を刺激し好奇心を掻き立てるのでしょう。

たまには思いっきり、そんな本能にお付き合いしてあげてくださいね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

オーナーの"いたずらフェイント"に柴犬たちの反応は?

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事