2019年4月3日10,903 ビュー View

【オーナー泣かせ…】悪賢い!柴犬たちによる"知能的行動事件簿"

犬の知能は人間の幼児くらい、という話を聞いたことがある人も多いはず。ところが柴犬たちの行動を見ていると、「いや、うそでしょ!」と思ってしまうほどに悪賢い…いや、とっても賢い動きをしていることがあるのです。もはや人間もたじたじになってしまうような、柴犬たちの”知能的な行動”をいくつかご紹介します。

行動File.1 バケツに浮かぶおもちゃを…

まずはこちらの柴犬から。どうやらこの時、バケツの水に浮かんでいるおもちゃを取ろうとしているようですが、一体どのように取ったかというと…。

単純に考えれば、人間でいう”手”の代わりに当たるであろう口で取ろうとするのでは…と想像するところでしょう。その通り、マズルを動かして咥えようと試みますが、瞬間的にそれが難しそうだということを悟ったのか、迷いもなく前足を出してバケツをひっくり返しました。そしてそのままおもちゃをゲット。人間からしたらちょっぴり雑なやり方ですが、目的のためには何の無駄もない行動ですよね。

しかもこの行動は偶然ではないようで、投稿者によると、3回中3回ともすぐにバケツをひっくり返したようですよ。なんて賢いんだ!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

グランベリーラブさん(@guranberirabu)がシェアした投稿 -

 

行動File.2 内緒で隠していたおやつが…

やはり、愛柴が賢すぎると良いことばかりでは無いようです。なぜかというと、柴犬と”知恵比べ”の日々を送るオーナーも出てきてしまうから。

 

そんな風に、柴犬と知恵比べになってしまったこちらのお宅。柴犬が咥えているのは、なんと内緒で隠しておいたおやつだそう。「見つからないように…」とこっそり隠しておいたとしても、柴犬にはそのこと自体がバレていたのですね。これではコソコソ隠した意味が全く無い…。そして要求はもちろん「これ開けて」。

あぁ困ったものです…。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コロ&トラさん(@koro.tora)がシェアした投稿 -

 

行動File.3 ストッパーの突破方法

次は、犬たちの行動を制限するペット用のストッパーを突破してしまったというケースをご紹介します。

 

物は試しに?

こちらのパピーは、キッチンへ入れないようにするために置かれたストッパーを前にウロウロしています。彼女が目をつけたのは、わずかに開いていた隙間。まるで探りを入れるかのように、スッとマズルを入れて様子を探っています。その行動により、どうやら「行けるかもしれない」ということを悟ったようです。その作戦を決行することを決めたのか一旦マズルを引っ込めるものの、思い切って体をねじ込むようにして隙間に侵入、そしてそのまま移動させることに一発成功してしまいました。

パピーからしたら、「なんだ、意外と簡単だった」とばかりに思っていることでしょう。まるで”物は試し”を地でいくような仕草を目撃してしまいました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

凜さん(@kuroshiba_rin__)がシェアした投稿 -

 

押してダメなら…

こちらも、ストッパーとの頭脳戦の模様です。

ストッパーの向こう側に行きたい柴犬ですが、今回は先ほどと違ってマズルを入れる隙間はありません。これはさすがに無理か……と思われましたが、その時なんと、柴犬は前足を使ってズルズルとストッパーを手前に引いたのです。そして何くわぬ顔をしてこちらも侵入成功。よほど満足したのか、その様子は「なんか入れましたので、ちょっとお邪魔しますね」とばかりに、余裕の侵入といった感じに見えます。

まさか犬たちが"引く”という仕草をするだなんて、ちょっと予想外でしたよね。

 

しかし、「柵を置いているから安心」と思って過ごしているオーナーさんたちは、急にしれっと愛柴が入ってきて大慌てだったでしょうね…。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

むくさん(@muku5026)がシェアした投稿 -

 

行動File.4 ドアの突破方法

ストッパーがダメでもドアなら安心? いえいえ、そうでもないようです。

 

こちらの柴犬が一生懸命格闘しているのはドアノブ。きっと、家族が開け閉めする様子をいつも見ていたのでしょう。「確か、みんなこうやってたな」とばかりに、二足で立って器用に前足でドアノブをカリカリ。ついには、しっかりとドアが開いてしまいました。これで彼女のいたずらテリトリーが増えることは言うまでもありませんね。オーナーさんは何か今後の対策を考えたほうが良さそうです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

じゅんなさん(@jumna1222)がシェアした投稿 -

 

賢い賢いとは頭ではわかっているものの、普段はその愛らしい容姿につい騙されがち(?)で忘れてしまいますが、みんな実際にここまで知能的な行動をしているのですね。終わりなき、柴犬との知恵比べ……オーナーさん、彼らを守るためにもどうかこの先もめげないで!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【ズル賢い?】全てを理解した上で「キョトン顔」している柴犬たち

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事