2019年4月30日3,981 ビュー View

【いよいよ平成も終わり!】令和になっても柴犬たちを愛でましょう♡

“平成“という元号も間も無く終わりを迎えます。みなさんも、この31年の間に様々なことがあったでしょう。その中で、今読んでくださっている柴犬オーナーさんに共通している大切な出来事はきっと、「愛柴を家族に迎えたこと」ということではないでしょうか。きっと今も横にいるであろう愛柴を愛でつつ、令和になっても柴犬たちみんなを愛して欲しい……そんな思いを込めて、今回は”柴犬ライフのモデルたち“の様子を、平成での活躍を労う意味も込めてそれぞれご紹介しつつ、この時代の最後の特集として取り上げ締めくくりたいと思います。

柴犬

Akbudak Rimma/shutterstock

 

“柴犬ライフ”モデルの柴犬たち

柴犬ライフを盛り上げてくれているモデルは現在9頭。どの子も個性的で、その個性をそれぞれの“担当”として役割を担いメディアに登場してくれています。そんな彼らを改めてご紹介していきます。

 

【愛嬌担当】りゅうじ

フォロワー数約30万人を誇る人気者の柴犬りゅうじ。見たままに愛嬌のかたまりのようなこの表情、そして「狙ったとしか思えないけれど狙っていない」という、なんともニクい仕草の数々に、ファンは今も国内外で増加の一途をたどります。しかし、そんな愛嬌とは裏腹にたまに見せる“邪悪モード”なニヤリ顔もまた我々を虜にしてやみません。令和になっても、このギャップにはときめき必至でしょう。りゅうじ、これからもその愛嬌を楽しみにしていますよ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ryujiさん(@ryuji513)がシェアした投稿 -

 

【アクティブ担当】ねね&むさし

その担当の名の通り、年中様々なアクティビティを楽しんでいる黒柴ねね&赤柴むさしのコンビ。海や川遊び、花見や落ち葉がり、はたまた雪遊びなど、年間を通してここまでお出かけしている柴犬もなかなかいないでしょう。そんなアクティブ担当のこのコンビですが、実はもう12歳のシニアなのです。そんなこととは微塵も感じさせない数々のポストを見ていると、人間よりも自然との遊び方を心得ている気がするのです。これからも元気に、たくさんのわんぱくを見せて欲しいですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Black Red Shibasさん(@black_red_jp)がシェアした投稿 -

 

【お上品担当】リリ

柴犬ライフの中で“お上品”を担当してくれている柴犬のリリ。季節ごとに、その時期ならでの楽しみを満喫するオシャレな柴犬で、春は花に囲まれ、夏は海を楽しみ…と、年中綺麗な景色に囲まれながら過ごしています。そんなリリですが、実は美食家な一面も。オーナーと訪れた様々なスポットでグルメも楽しんじゃうという、柴犬界きってのオシャレ番長&美食家姉さんなのです。これからも、リリが見た素晴らしい景色を我々に届けて欲しいですね。もちろん、そのグルメと共に。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

豆柴リリさん(@lily0316am)がシェアした投稿 -

 

【モフモフ担当】くまごろう

くまごろうを一目見れば、その担当は何かわかるはず。なんて言えてしまうぐらいにモフモフ・モコモコしていて、その見た目だけでも我々のキュンをズキズキと刺激してくる彼。その様子にはつい抱っこ欲が湧いてきてしまうでしょう。そんなくまごろうは、雑誌「柴犬ライフ」の記念すべき創刊号の表紙も飾ってくれました。クリクリな瞳でキュートな表情とお茶目な仕草、そしてこの魅惑のモフモフにこれからも癒やしを与えてもらっちゃいましょう。

ちなみに、換毛期を終えてしっかりと“夏モード”になった、すっきりとした彼の姿もギャップがあってまた萌え、ですよ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kenta.T with kumagorouさん(@mokkorikenta)がシェアした投稿 -

 

【マイペース担当】くま

懐っこい笑顔と、キョトンとした顔のギャップが可愛い黒柴のくま。その性格はそのまま表情に表れているようで、まさに人懐っこく甘えん坊な彼。オーナーさんの膝の上にいるときは必ず、こちらもついほっこりとしてしまいそうな、嬉しそうなニコニコ顔を浮かべていて、見ている方に癒しを与えてくれます。と、思いきや、何故かぼんやりとへそ天して転がっているという様子もちらほら。まさに柴犬のマイペースさを表したようなその性格は、こちらからしたらとにかく微笑ましいの一言。令和もマイペースで行こうね、くま。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@kuma610がシェアした投稿 -

 

【スローライフ担当】ヤマト

まさに“自然と共存”という言葉がぴったりな生活を送っているスローライフ担当のヤマト。湘南で暮らす彼女は、もちろん海はお散歩道の一つ。晴れの日も、曇りの日も海に訪れ、その日の砂の具合をチェックするかのように、鼻先に砂をつけながらサーファーに紛れて大地とのコミュニケーションを図ります。つい憧れてしまうようなそののどかな生活を、これからも楽しませてもらいましょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Toru Sさん(@torus23)がシェアした投稿 -

 

【ユニーク担当】ケン太&ノン太

いつも、様々なおもしろアイテムをしっかりとモノにして我々にニヤリをあたえてくれるケン太&ノン太、通称”ケンノン”コンビ。それはもう、毎回見事なまでにオリジナリティの溢れる世界を見せてくれ、我々の期待を裏切りません。ケンノンにしか作れない独自なおもしろさのこの“ケンノンワールド”は令和になっても続きます。まさに鏡のように息ぴったりな彼らが魅せるオリジナルな世界観を、これからも期待しちゃいましょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

痛快!ケンノンワールドへようこそ!!さん(@shibainu_kenta_nonta)がシェアした投稿 -

 

【大家族担当】ココア&くるみ&ミルク

もともと東京に住んでいたオーナーさんが自然豊かな町にお引っ越しされ、そこで一緒に暮らしているのがこちらの赤柴ココア&黒柴くるみ&白柴ミルクです。3頭は、山や海、田んぼなどのどかな風景に囲まれつつ、四季折々に咲く花の開花などを楽しみながらいつも一緒に過ごしています。そして忘れてはならないのが彼らのオシャレ。3頭揃って、季節ごとにお揃いの装いを楽しんでいるのです。可愛い柴犬が3頭もいたら、可愛さは何倍になるでしょうか。このような“大家族ならでは”の可愛さや楽しみは、これからもこちらの3頭に教えてもらいましょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

cocoa☆kurumi☆milkさん(@cocokurumilk)がシェアした投稿 -

 

【柴犬ライフ・ルーキー】ゆとり

ルーキーとして登場してくれているのが、赤+胡麻ミックスのゆとりです。モデルの中ではルーキーな存在である彼女ですが、昨年10月で1歳を迎えました。初めの頃の写真と比べると、現在はやはり見た目にその成長が感じられるようで、骨格もたくましく整い、顔つきもシュッとしてきましたね。やんちゃであどけないゆとりも魅力的でしたが、成長していく姿はやはり美しいもの。これからもまだまだ育っていく姿を共に見守っていきたいですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

豆柴 ゆとりさん(@yutori___sk)がシェアした投稿 -

 

 

さて、平成最後の今回の記事は、柴犬ライフのモデルたちそれぞれにフィーチャーして特集しました。これからも、笑わせてくれたり、癒してくれたり、様々な感情を我々にあたえてくれるであろう彼ら。編集部としても「お疲れさま、これからもよろしくね」と心からの感謝と労いの気持ちを伝えたいと思います。

そして、いつも楽しませてくれている世界中の柴犬たちにも、改めて大きなラブを!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬がナゼこんなに可愛いのか考えてみた。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事