2019年5月16日4,402 ビュー View

昨今急浮上している「柴犬のほっぺは餅説」の真相を探る

以前より、柴犬たちの柔軟性を取り上げて「柴犬は液体説」などの検証をしてきましたが、ここに来て新たな説が浮上しています。それは「柴犬のほっぺは餅説」です。「何をまた…」と言われるかもしれませんが、もはや、にわかには信じがたいその新説が有力と感じざるを得ない柴犬の姿が多数見受けられるのです…。今回はその真偽を検証していきたいと思います。

実際、どのくらい「餅感」があるのか。

餅だなんて、まさか柴犬のほっぺがそんなに伸びるはず……いや伸びてる〜!

 

オーナーさんによって頬をモチ〜モチ〜と伸ばされているのは、柴犬禅ちゃん。その様子はまるでリスの頬袋のように、もう伸びる伸びる。正直、ここまで伸びるだなんて思っていなかった方も多いでしょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬の禅さん(@zenchan1105)がシェアした投稿 -

 

お次はこちら、柴犬のおこげくんです。

顔の大きさだけをみると小顔でスレンダータイプであるようなのですが、それなのにこの頬の餅量ときたら…まるで頬だけが別物のようですよね。こんなに多く携わったモチモチを前にして触らずにいられるオーナーさんはいるでしょうか。

一方、当のおこげくんは口の中で小石をコロコロ転がす遊びに夢中なよう。頬肉を触って癒されたいオーナーと、小石で遊びたいおこげくんの攻防(?)はしばらく続いたでしょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

OKOGEさん(@okoge4848)がシェアした投稿 -

 

餅化した柴犬もまた、気持ちが良いのかも。

さて、ここまで見てもはや「餅説」は否定のできない事実のようですが、オーナーにモチモチして遊ばれてしまう柴犬たち、彼ら自身もどうやらまんざらではないようですよ。

 

こちらは、リラックス中のハチくん。そんな最中にそっと伸びてきたオーナーさんの手…と、やはりそのままモチモチされてしまいました。しかし、ハチくんのその外見からの予想を超える餅量は、見ていてちょっと面白く感じちゃいます。

こんなに伸ばしてもされるがまま、と言うよりもまんざらでもなさそうな表情を見る限り、痛くはなさそうだし、その行為を許してくれていそう。もしかしたら「撫でる」の延長、と言った具合に感じてくれているのかもしれませんね。だとしたらこちら的にも嬉しいのですが。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

issy riderさん(@issyrider)がシェアした投稿 -

 

こちらの柴犬かりんちゃんは、オーナーの膝枕でリラックス中。と言うことでやはりモチモチされてしまった訳ですが、やっぱりなんだか気持ちがよさそうですよね。

しかし、白柴がモチモチされてしまうと、より餅感が増している気がします。これはたまらない可愛さですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Naoko Watanabeさん(@d.naoko_karin)がシェアした投稿 -

 

衝撃! 柴犬自体が餅になっていた件。

柴犬の頬が餅のようによく伸びるということはわかりました。ところが、柴犬の頬だけが餅になるわけではないようで…そんなことを裏付ける動画を発見!

 

まるでつきたての餅のように、全身がとろとろになっているこちらの柴犬。縦に揺らされてとろとろ…横に揺らされてとろとろ…しかも何故か満足そうな顔を浮かべながら。もう、可愛すぎてこちらがとろけそう。

 

結論、「柴犬は餅」。これはもう疑いようのない事実のようです。そんなあなたの愛柴も、しっかり”餅化”していたりして。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「柴犬、実は液体説」を紐解く〜とろけ柴多発中〜

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事