2019年6月26日6,993 ビュー View

【飼い主涙】散歩拒否ならぬ「お手拒否」を決め込む柴犬たち

犬と家族になったらたくさんの芸を教えたいと思うオーナーさんは多いはずです。芸と言えば、最初に思いつくのがやはり”お手”でしょう。そんなベーシックとも言えるお手を、マイペースな柴犬たちは、まさかの「知っているのにとぼける」という可愛すぎる攻撃を気分で仕掛ける時があるようです。聞いただけでも可愛いことが想像されるその”お手拒否”の様子を見てまいりましょう!

「お手」? そんな気安くしません。

こちらは柴犬のハチ。撮影者であるオーナーさんに「お手」を要求されますが、もはや「しっかりと聞こえています」という顔をしながらも、その体は微動だにしません。その後もなかなかお手をしないハチに対し、「お手はここでしょ?」とばかりにオーナーさんはハチの前足にちょんちょんと触れますが、まるで我関せずのハチ。もはや同じ空間に居ないのではないかと思うほどの冷静さを保っているようです。

そりゃそうだよね、だって今、抱っこされて至福の時だもんね。だからハチはきっと、その状況からどうしても動きたくなかったのでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬イチハチテンさん(@yokotohachi)がシェアした投稿 -

 

「お手!」の声だけが響き渡る…

こちらは黒柴の鉄くん。オーナーさんの説明によると、どうやら鉄くんは”訓練競技会”を目指して練習していたこともあるようです。それなのに……どうぞ動画をご覧ください。オーナーさんの「お手!」の合図で、手を出すどころかまさかのそっぽを向いたのです。何というわかりやすい拒否なのか…。しかし、そんな塩対応をされてもオーナーさんはめげませんでした。胸元をポンポンと叩き、「鉄…」と小さく一言その名前に願いを込め、再び声を張って「お手!」………。残念ながら、その声だけが響き渡る結果となったようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

RyuMさん(@9648tetsu)がシェアした投稿 -

 

お手? いいから早くちょうだい

こちらは柴犬小芽さん。もう、わかりやすくシンプルに「お手拒否」の最中です。その理由はなぜかといえば、お手と差し出された手とは逆の方におやつを持っているのが見えてしまっているから。そっちの手じゃなくて、こっちの手の方が気になる…ってことなのでしょう。

犬にとっておやつに勝る存在はありません。頑固な柴犬ですから、オーナーさんはきっと早々に諦めた方が良いでしょうね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SHINOHARA KOMEさん(@kome1119)がシェアした投稿 -

 

お手、知っているけれど…

こちらは柴犬ここたろうくん。オーナーさんがお手と言うと、左前脚をあげてオーナーさんの手の上乗せる…と思ったら、乗せない…? その後も前足を宙に浮かせたままどうするのかじれったい様子が続き、いざ手の上にぽふっとくるか……と思いきや、なんとそのまま横の方へきれいに落下していった…! その様子にはオーナーさんも思わず「うそー!?」と叫びます。そうです、ここたろうくんはなんと「お手が下手くそすぎる」という個性を持っていたのでした。この様子にはこちらも思わず「まじか!」と言いたくなりますが、もうなんという可愛らしさなのか…!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

やまさん(@kotarou0902)がシェアした投稿 -

 

おまけ:「ハイスピードお手」はこんな感じ 

ユメちゃんはお手・お座り・待て、これらすべてマスターしているようですが、どれも上手にできません。なぜかといえば、フードを目の前にしたから。

もはや早送りにも見えてくる猛烈な食べたいアピールの最中オーナーさんがお手を連呼しますが、ユメちゃんはハイスピードで足踏みして心ここにあらずです。しかし、やらなければ食べないことはわかっているようで、一応お手をして見せるものの、これぞ「秒」と言えるほどの速さで手を床に戻し再びジタバタ。もう、一刻も早く食べたい感情が溢れ出すぎ!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

shibadog_yumeさん(@shibadog_yume)がシェアした投稿 -

 

柴犬たちによる様々な「お手拒否」はいかがでしたか? マイペースさが十分に表れた様子におもわず吹き出してしまったのではないでしょうか。しかしそんな気ままなところが、今日も今日とて、我々柴犬ラバーを魅了しているのですよね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬たちによる「お手」がシンプルに愛しい仕草なので改めて振り返る

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事