2019年6月25日5,045 ビュー View

「山…?」柴犬による人文字、ならぬ”柴文字”がなかなかオモシロイ。【動画あり】

今回のテーマは「人文字」です。その名の通り、まさに自分自身の体を使ってアルファベットや数字などを文字として表現することなのですが、その中には、何百人単位でつくる感動的なものもあれば、柔軟なボディを生かして数人で作るアクロバティックなものもありますよね。ところが、そんな人文字をなんと柴犬もやっていたとか…?

柴犬による人文字…ならぬ”柴文字”を見てみる

柴文字は、なんと一頭からでも作ることができるようです。みんな、意外と色んな柴文字を作っているようですよ。

 

まずは究極にシンプルな柴文字、「一」から。

お手本でやってくれたのは、こちらの柴犬コタツくん。まさに全身を使っているようで、しっぽから鼻先までがまっすぐになっているのがポイントです。特にボリューミーなしっぽによる、いわゆる「起筆」(書き始め)がとてもしっかりしてるようですね。

柴犬オーナーさんはぜひコタツくんを真似して、きれいな「一」を作ってみてはいかがですか?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@kotamonaitoがシェアした投稿 -

 

漢字の「一」ができるのなら、数字の「1」もできるのでは…と思ったあなた。ええその通りです。

こちらは「1」を作っているレントくんです。なるほど、お布団に前足を埋めて、より「1」に近づこう努力をしているのですね。そんな甲斐もあってか、見事な「1」になっているようです。これも真似ができそうですから、ぜひトライを!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenichi Takahashiさん(@kenichi9703)がシェアした投稿 -

 

なんだか特徴的な寝方をしているももちゃん。しかしこれ、ただ寝ているだけではありません。オーナーさんにメッセージを伝えていたのです。

彼女が伝えているメッセージは…「山」! もしかして山登りに行きたいのか…? 彼女の真意こそわかりませんが、とりあえずかわいらしいことだけは確かですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@momoshiba0320がシェアした投稿 -

 

やはりアレを書かないことには

柴犬が複数頭集まり、さらにアイテムなんかも使えばアノ文字を書くことも可能です。

 

こちらは、柴犬ライフのモデルでもあるケン太とノン太。ユニーク担当としてはやはりその出来上がりを期待してしまいますが…一体どんな仕上がりになったでしょうか。

その様子を見てみると、彼らの周りに無造作に並べられた柴犬のぬいぐるみ。と思いきや、全体を俯瞰で見ると「シバ」という文字に見えます! 当のケン太とノン太は「ハ」の担当のよう。きっとこの時オーナーさんが何をしているかはわかっていないでしょうが、それでもとりあえず協力している二頭がかわいく感じますね。

ちなみにこれは4月8日の「柴の日」にポストされたもの。柴犬オーナーにとっては特別な日にぴったりの投稿ですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

痛快!ケンノンワールドへようこそ!!さん(@shibainu_kenta_nonta)がシェアした投稿 -

 

悶絶! かわいすぎる柴文字動画も

さらには、柴文字ショットをつなげて動画にした「可愛すぎ!」な作品も見つけました。

 

柴文字を作っているのはコウちゃんです。横向きで後ろ足を投げ出している寝姿は「L」、くるんと体を丸めているところは「O」…とくれば、続きは「V」と「E」に決まっていますよね。でも柴犬が一頭で「E」ってできるのかな…?

その答えは、ぜひ動画でご確認ください!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬女子コウさん(@koh0903)がシェアした投稿 -

 

柴文字は、想像以上にゆるくて、そして想像以上にかわいかったですね。我が子もなにか”柴文字”を作っていないか、そんな視点で様子を観察してみるとまた面白いかもしれませんよ。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

鏡のように”シンメトリー”になった、仲良しな柴犬たちの姿に和む。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事