2019年7月3日9,974 ビュー View

「今日散歩行けないのかぁ…」雨降りの日の柴犬はお家でこうなっています…【晴れてお願い】

梅雨真っ只中、雨続きで洗濯もままならない…という日々が続いていると思いますが、この日々を憂いているのはなにも人間だけではありません。普段は家で過ごすことが基本である犬たちの嘆きもまたたくさん聞こえてくるようです。それは、雨のせいでお散歩やお出かけに行けないから。そんな風に、家の中で退屈している柴犬たちはこんな感じで過ごしていました。その姿を見たら「明日は晴れてくれ…」と願わずにいられなくなるでしょう。

背中に哀愁が…。

こちらの黒柴はコタロウくん。雨で濡れた窓ガラス越しに、この日はお外に行けないということをひしひしと感じているようで、その背中には悲しげな空気が漂います。それもそのはず、どうやらハーネスまでつけて準備万端だったようですから、直前で雨が降ってきてしまったのでしょう。まさにウキウキ気分を折られた…ということ。だからそのガッカリ具合は手に取るように伝わってきます。

ちなみに、外を見つめたままずっと動かなかったそうですよ。明日には止むといいね…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kotaro0129さん(@kotagram8)がシェアした投稿 -

 

こちらの柴犬もしっかりとその事実を窓から感じているようで、曇った外の景色を見つめています。くるっと丸まってその場で佇む姿は、やはり見ていて切なくなってきますね…。外に出て遊ぶ楽しい笑顔を知っている分、我々も心が苦しくなるイヤな季節です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

室伏俊介さん(@gojappe_shunsuke)がシェアした投稿 -

 

「階段の前」で拗ねモード

こちらの柴犬もまた分かりやすく拗ねてしまっているようです。その心を表すかのように、拗ねているアピールをしているのはなんと階段の目の前。今すぐにでも駆け下りていきたいという感情が伝わって、これまた切なくなってきます…。

こちらは後ろから撮られたものですが、きっと正面から見たら手を枕にしてシュンとした顔でいることでしょう。垂れたしっぽからもまた哀愁が放たれているようです…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

鎌田ヒロキさん(@hiroki.kamata)がシェアした投稿 -

 

「はあ、たいくつ…」

こちらも同じく、雨でお散歩に行けず拗ねている様子をしっかりと、さらには”どアップ”で撮られてしまったチョコ丸ちゃん。こんなにまで接近しても動かないで写真を撮らせてくれちゃうあたり、その拗ね具合が伝わるというものです。オーナーさんは撫でながら、そのやるせない気持ちを優しく諭してあげてください…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dandy.Kuさん(@gundam.meisters)がシェアした投稿 -

 

まだまだ続きそうなこの雨模様。柴犬たちのうっぷんもたくさん溜まってきている頃でしょう。しかし、この梅雨が明ければ”カラッ!”と晴れた夏が来ます。それまでもう少しの辛抱…ということで、柴犬オーナーさんは家の中でできる遊びをたっぷりとしてあげて、少しでもそのストレスを減らせるよう工夫して過ごしてくださいね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【ささやかな”未知”との遭遇】雨上がりの散歩道、てくてく歩く柴犬の前に現れた…カタツムリ。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事