2019年9月16日8,713 ビュー View

【悲報】お互いに毛づくろいをしてあげたい柴犬と同居猫、最終的になんだか微妙な雰囲気へ。(笑)

Mochiくんは海外で暮らす柴犬。同居猫にMilesちゃんという猫がいて犬猫コンビでとっても仲良しなのですが、この日はちょっとだけ様子がおかしいのです。それは、お互いが優しすぎるがゆえに、こんな自体に陥ってしまっていたからなのでした…。

ペロペロお耳を舐め始めます。

 

お布団の上で、まったりとくつろぎモードで過ごす今回の主役コンビ。

するとベンガルキャットのMilesちゃんがMochiくんをペロペロと舐め始め、Mochiくんは嬉しそうに、おとなしく受け入れ始めます。

諸説ありますが、猫が顔を舐めるというのは愛情表現のひとつだと言われていますね。それがよく表れているワンシーンです。

 

お返しに、ペロペロするね。

Milesちゃんの舐める時間が終了し、次はMochiくんの番です。

まるで「さっきはありがとう、お返しだよ!」と言わんばかりに、Milesちゃんをよく舐めてあげます。

 

ところが、Mochiくんのグルーミングはなかなか終わる気配がありません。しかも、Milesちゃんのお尻のあたりまで舐め始めてしまいます。

このお耳を見ればわかるように、もちろんこれらはMilesちゃんのことが好きすぎるがゆえの行動なのですが、ここでオーナーさんから「Mochi、離れなさい!」と声がかかってしまいます。

 

いったん、こう着状態に。

このように、深い愛を持っているMilesちゃんとMochiくんは、どちらもお互いをグルーミングしてあげたい気持ちでいっぱいです。

 

しかし、オーナーさんに「やめなさい」と言われてしまったMochiくん。コンビの間で、「どっちが再スタートする…?」とコソコソ相談しあっているような光景が見られました。

 

最終的には…

Mochiくんがえらいのは、しっかりとオーナーさんの言うことをきくところ。そんなところはやっぱり柴犬、と思えちゃいますね。

 

ということで「Mochi、離れなさい!」とストップが入ってからは、Milesちゃんを一切舐めることなく、舐められ役に徹したのです。

一時は微妙な雰囲気になりつつも、オーナーさんの言うことをしっかりときいたMochiくん。やはり和犬の忠誠心はあなどれませんね。

 

どちらもお互いの為に尽くそうと思っての行動なのですが、愛ゆえにちょっとだけ行き過ぎてしまうこともあるようです。

種族を超えた間柄に生まれた、そんな穏やかな光景をどうぞご覧ください!

 

 

MilesちゃんとMochiくんの仲良しすぎる光景は、とも微笑ましい一場面でしたね。

犬と猫は相容れない関係になることも多いですが、こんなに仲良く過ごしてくれたらオーナーさんも毎日癒しの時間を与えてもらっているでしょうね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【癒し】「スヤスヤ…Zzz」猫と暮らす柴犬のほっこり&コミカルなふれあい風景。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事