2019年10月10日11,257 ビュー View

生後85日、興味津々やんちゃな柴犬しろ。どのシーンを見ても親心が湧く”何気ない日常”に心がジーン

今回は、生後85日の柴犬パピーしろの何気ない日常風景をご紹介。ただ無邪気に毎日を生きる元気なその姿にはどうしたって親心が湧くもの。愛らしい行動の一つ一つが、理屈なしに優しい気持ちにさせてくれるでしょう。ピュアでハートフルな光景をご覧ください!

まっしろふわふわ、柴犬パピーの”しろ”

 

こちらが、今回ご紹介する生まれたてパピーの柴犬しろ。見ているだけで柔らかいことが伝わるようなふわふわ具合ですね。

 

この時は体重測定をしていて、測ってみたらなんと2.8キロ。

本当に小さく、生まれたてほやほやです!

 

お家のお姉ちゃんに「あそぼ!」

そして動画は次のシーンへ。

机の前で動画を観ているのは、お家にいるしろのお姉ちゃん。しろが背中にやってきたのでやさしくなでなでしています。

 

しろはボールを咥えてきて「これであそぼ!」なんて言っているようですね。

 

でも、しろのお口のサイズではちょっと大きいような。

でもやんちゃなパピーには、サイズなんて関係ないのでしょうね。

 

オモチャ全部、みーんな遊びたい!

 

しろは、たくさんのオモチャを持っています。そんなこの時もサッカーボールで遊んでいたのですが、目に入るもの全部が気になるお年頃。

すぐに心変わりして、目の前のぬいぐるみをはむっ。

 

そしてその後も別のボールに心変わりし、ボールを持ってきたと思えばクッションにくにゃ〜と倒れこんだり、まさにパピーらしい動きを見せます。

 

「あのオモチャもこのオモチャもみーんな遊びたい」とばかりに手当たり次第噛むしろからは、好奇心や、そのやんちゃさが伺えますね。

 

新しいきょうだいにご挨拶中

 

しろのお家には、しろの他に新しい家族もいます。それはお家の赤ちゃんです。

 

ママとそのことをお話するかのように、しろも立ち上がって赤ちゃんの様子を覗き込み「ハロー、ご機嫌いかが?」なんて伺うようです。

 

まだ自分も小さいくせに、なんとも愛らしい瞬間ですね。

 

毎日毎日、とにかく忙しい〜!

 

家中を走り回って、オモチャで遊んで、オーナーさんの靴下を引っ張って、はたまたおとなしくガムをカミカミしたり…と「毎日忙しい〜!」なんて言えそうな日々を過ごすしろ。

 

次第に運動量も増え、好奇心ややんちゃさも増したその頃、ついに「観念する」ということも覚えました。

 

この時、爪切りを嫌がりジタバタしていたしろ。

ですが途中で観念したかのように、仰向けにされてもいい子で過ごし、パチパチと切らせてくれています。

 

我慢することを覚えることも、成長の一つですからね。

また一つ、大きくなったと言えるでしょう。

 

寝るのはパピーの仕事だよね

運動量は上がっても、やっぱりまだまだパピー。遊んだあとはしっかりとおねんねタイムです。これはパピーの仕事でもありますからね。

 

天使のような寝顔で、そして安心しきって眠る姿はもうすっかり家族の一員です。

 

しっかりと眠って、またいっぱいお姉ちゃんたちに遊んでもらわないとね!

 

こんな風に、忙しく日々が過ぎていきます。

ある時は、キッチンで忙しくするママに寄り添ってみたり…

 

またある時はお部屋にあったカメラに興味を持ったり…

 

そしてめいっぱいパパと遊んだりと、とにかくしろの日々は忙しいもの。

 

このように、家族の愛情いっぱいに受けてしろは日々育っています。

言葉こそ聞えてきませんが、きっと毎日が楽しくて仕方がないと思っているはず。

 

あっという間に大きくなるパピーたち。

そんな貴重な時間をまとめた、しろの何気ない日常風景をご覧ください。

 

しろの成長記、いかがでしたか?

オーナーさんであれば、愛柴のパピー期のことを思い出したかもしれませんね。

 

今日あたり、思い出の写真を振り返ってみるのも良いかもしれませんよ。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【天使さんたち】柴犬パピーの「ぽてぽて感」が、もうたまらん。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事