2019年11月19日16,865 ビュー View

柴犬がリュックに入り込んで飼い主とサイクリングへ…ってこれ、運動の秋にピッタリだ!【動画】

愛犬家のみなさんであれば“犬用リュック”はご存じでしょう。犬を背負うために作られた専用のリュックで、今回はそんなリュックで愛柴と自転車旅を楽しむ動画をご紹介します。柴犬の輝くような表情を見たら、つい真似したくなっちゃうかも!

サイクリングのお供は…愛柴!

リュックを背負って自転車に乗るオーナーさん。

その背中をよくご覧ください。

 

このリュックは犬用リュックで、黒柴の大和が中にインしています!

 

前足は、しっかり肩の上に。

そんな大和お顔がこちら。

得意げにペロンと舌を出して、自転車を漕ぐオーナーさんの肩にしっかりとつかまっています。

 

怖さなどなく、むしろ余裕が感じられますね。

 

オーナーさんは自転車を操縦するため常に前を向いていますが、後ろの大和が自分の肩にちょこんと手をかけていることは感覚でわかるはず。

 

だから前足が触れる感覚や体温で、大和が姿勢を崩してないか感じられるでしょう。

 

しかし、サイクリング中に愛柴が自分の背中に乗り、さらに自分の肩に手をかけ、颯爽と風を感じているだなんて…夢のようですよね。

 

自然と羨ましくなります。

 

ちゃんと、前方確認しています

びゅんびゅんと風を切りながら、普段のお散歩より速い速度でぐんぐん進みます。

 

少しだけ頭をずらせば大和も前方を見ることができるので、興味があるのか、たまにはこのようにひょっこり。

 

その時も、しっかりと前足はオーナーさんの肩の上。

 

乗り方に慣れているということもあるのでしょうが、大人しく、とっても良い子に乗っていますね。

 

普段のお散歩時の大和の目線とは高さが違うため、世界が全く違うものに見えるのでしょう。

 

とにかくこのように、終始ワクワク顔で乗車している大和。

この笑顔がなんとも印象的です。

 

途中、気になるものがいくつもあるようで何度か顔で見送っていました。

もしかすると、お友だちの柴犬でも見つけたのかもしれませんね。

 

気持ちの良い風を感じながら、あっという間にいろんなものを追い越していく感覚を楽しんだ大和でした。




 

柴犬のサイズであれば自転車の前かごに乗せてもサイクリングはできるでしょう。

 

しかし、安定していないハンドルの近くですから、飛び出さないか、バランスを崩さないかなど様々な心配が。

 

犬用リュックなら背中で固定されているため、安心しながらサイクリングが楽しめるのでおすすめですよ。

行き先は、公園やドッグランなどにして、愛柴の運動も兼ねるとなお良いでしょう。

 

どうぞ、安全運転で“運動の秋”を楽しんでください!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【なにそれ可愛い】”リュック柴”が放つ愛らしさが柴犬好きを悶えさせる

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ