2019年11月17日6,978 ビュー View

【惚れた】柴犬が色っぽいってなにごと…!流し目でキメる表情がイケワンすぎて胸がザワつく

時と場合によって、いろんな表情を見せてくれる柴犬。可愛かったりクールだったり、その変わりようは「本当に同一犬物?」と思ってしまうほど。そんな柴犬のギャップが大好きなみなさま、流し目の柴犬なんていかがですか?

「にぱ♡」と「キリッ」のギャップが…

おはぎちゃんは「にぱ!」という表現がぴったりくるような素敵な笑顔の持ち主。

パピーらしい、無垢なスマイルが愛らしい!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenji Sasaki(@kkeennjjii1031)がシェアした投稿 -

 

そんなおはぎちゃんですが、ふとした瞬間にクールな柴犬へと大変身。

先ほどの写真とは、まるで別犬のようなお顔も。

 

「キリッ」

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenji Sasaki(@kkeennjjii1031)がシェアした投稿 -

 

きゅっと結んだ口元、そしてなにより流し目でこちらを見つめる瞳…。

これはちょっとかっこよすぎませんか?

 

まるで大人のジョシーバのようなクールビューティーを感じます…って彼女はまだパピーですよ?

 

パピーの頃からこうだったら、将来どうなってしまうの…!

 

柴犬が色っぽいってなにごと。

柴犬に対して「可愛い」や「かっこいい」と思うのは日常茶飯事。

でも「色っぽい」と思ってしまうことなんて、そうそうないですよね?

 

ところが…こちらの大和くんの流し目は、紛れもなく色っぽい! 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

大分県の柴犬大和(@shibainu_yamato_oita)がシェアした投稿 -

 

大和くんは普段は癒し系のダンシーバなのに、突然のこの表情ですよ。

こんな顔をされたら、誰だってキュンキュンでしょうね。

 

さらにちょっとこちらを見下ろす感じの、このあごの角度までもがもう完璧……あ、ちょっと落ち着きますね。

 

流し目の意外な理由。

なんだか「やってやった」感があるわたちゃん。

オーナーさんを正面からは見ずに、流し目でチラッと見ています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

wata(@watastagram625)がシェアした投稿 -

 

わたちゃんのこの佇まいにはそれなりの理由があるよう。

 

オーナーさんが持っているダウンジャケットにご注目ください。

どうやらわたちゃんが噛んで、穴を開けてしまったようです。

 

そのダウンを前に反省しているかと思いきや、むしろやりきった感を出すわたちゃん。

こうも開き直られてしまうと、怒るに怒れなくなっちゃいそう…。

 

流し目柴犬の哀愁…

クゥくんはまったりと横になり、オーナーさんを流し目で見ています。

どことなく哀愁が漂ってくるのはなぜなのか…。

 

それはもちろん、クゥくんが流し目でいい感じの雰囲気を作っている、なんてわけもなく、シンプルに眠いだけなのでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Noriyuki Asahi(@noriyukiasahi)がシェアした投稿 -

 

簡単に言えば、オーナーさんを見ようとしたけれど顔を動かすのも億劫だという

なんともマイペースな、柴犬らしいと言えるスタイルですね。

 

流し目の柴犬たち。また普段の雰囲気とは違ってよかったですね。

クールだったり、セクシーだったり、でもやっぱりどれも結局可愛く見えてしまいますね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

え、カッコイイんですけど…。柴犬たちの"フォーマル姿"を見たことがある?

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ