2020年1月27日12,934 ビュー View

※注※これは柴犬パピー『おいで!』の練習動画です。決して“ホリホリ”の練習では無かったハズなのですが…

今回ご紹介するのは柴犬パピー「おいで」の練習中動画です。の、はずですが…一筋縄では行かないのがパピーという生き物。ということで、オーナーさんとの練習ほったらかしで、自由気ままに楽しくお庭で過ごしてしまったようです。しかし、それはそれで愛らしい姿が撮れていたのでヨシかも!?

パピーのこむぎ「おいで」の練習中!

こちらの柴犬パピーはこむぎ。このときは「おいで」を練習している最中たったため、お庭にいます。

そしてオーナーさんから名前を呼ばれると、こむぎは弾むように駆けだします!

 

(ぴょこぴょこ!)

 

あああもう、なんという愛らしさ…。

 

のっけから悶絶してしまうようなシーンで始まりました。

 

甘噛みのため、伸びきった軍手

オーナーさんから呼ばれたこむぎは、まずその手をガブガブと甘噛み。

この甘噛みがなかなかやまないこむぎの対策に、オーナーさんはあらかじめ軍手を着用しています。

 

パピーですが噛む力は強く、すでに軍手の指先は伸びきっていますね。

 

甘噛みが早く直るといいですが、でも今日はまず「おいで」の練習です!

 

何度呼んでも無視。

さっきまで呼べば来てくれたこむぎ。

しかし、突然ほかの遊びに熱中し始めました。

 

どうやら「おいで」の練習には飽きてしまったよう。

 

まだ始めた直後なのですが…。

 

何回名前を呼んでも声がこむぎの耳に届くことはなく、オーナーさんもこれにはしょんぼり。

 

こむぎ、ホリホリに専念する

今日の目的である「おいで」の練習はすっかり忘れて、何に熱中しているかと言えば…それはホリホリ。

 

これは彼らの本能に備わっている行為ですが、あまりにも熱中しすぎでは!?

 

…なんて言いたくなるほどに、小さな前足を懸命にかわるがわる動かし集中しています。

 

そして、ときどき匂いを確かめるようなしぐさをしています。

 

何の目的があるのかは分かりませんが、ただ、一生懸命に掘っているわりには、全然穴が深くならない…。

 

突然、柔道の練習

そしてオーナーさんがカメラを近づけると、「何か用?」とでも言うように、自らレンズへと近づいてくるこむぎ。

 

しかし、後ろずさりしたその直後!

 

いきなりでんぐり返りを披露したのです。

 

(ゴロリン!!)

 

まるで柔道の受け身みたいな動きでしたが…急にどうしたのでしょう。

 

本当にパピーは予測不能な動きを見せてくるため、片時も目が離せませんね。

 

しかし結局、「おいで」の練習はどうなったんだっけ…?

 

次に練習するときこそ、こむぎがあちこち脱線することなく練習できるといいですね!

 

子犬は眠っているとき以外はたいていちょこちょこ動き回っていて、やんちゃもするし、いたずらもするし、目が離せません。

 

しかし、それでも愛らしいその姿は、何事にも変えられないような幸せな感情を与えてくれます。

 

パピー期を過ごしているというオーナーさんは、本当に、あっという間にその時期は過ぎゆくということを心にととどめ、いろんな思い出を残していってくださいね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(クンクン…)柴犬パピーがトイレを覚える瞬間を見届けたら、勝手に親心が沸騰しました。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬