2020年1月22日6,868 ビュー View

なんて可愛い柴犬ポンポン…じゃない!もはやそう見えてくる“本物の柴犬”がこれまた可愛いわ。

『動物ポンポン』って可愛いですよね。柴犬オーナーさんだと、特に柴犬ポンポンには目がないのではないでしょうか。今回は、そんな柴犬のポンポンではなく、ポンポンのような柴犬を特集。それって…可愛くないワケがないですよね。

動物ポンポンって、アレだよね。

少し前に、可愛すぎるとブームになった“動物ポンポン”。

毛糸でできた動物はもうどれもほっこりとした愛らしさがあり、しかも材料も多くなく手軽に手作りできちゃうとあり、今もなお人気のハンドメイドアイテムです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

抹茶(@shirokichi555)がシェアした投稿 -

 

柴犬オーナーさんの中でも、愛柴にそっくりのポンポンを作ろうとチャレンジした方もいることでしょう。

 

こちらの抹茶ちゃんのオーナーさんも、とても可愛い作品を完成させたようです。

 

もちろん愛柴と一緒に、記念に一枚!

 

動物ポンポン…のような柴犬って?

そんな風に、見ているだけで幸せになれる動物ポンポンに激似の柴犬がいるとの情報が入りました。

 

それって、一体どういうことなのでしょうか…って、つまりこういうことです!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

momo_mameshiba.0617(@momo_mameshiba.0617)がシェアした投稿 -

 

お布団にすっかり顔を乗せているももちゃんは、アングル的に首から下が見えない状態に。

 

モフモフの顔だけの状態、まさに動物ポンポンの実写版ということなのです。

ああ、なんて可愛いのでしょう。

 

こちらは大きく伸びをしたまるこちゃん。

モフモフの下顎のせいで、とにかく動物ポンポンにそっくり。

 

多分、ポンポンをちょっと下から見たらこんな感じでしょうね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shiba inu MARCO(@kutewan)がシェアした投稿 -

 

しかし、あまりにも魅力的なまるこちゃんの顎ぜひとも触ってみたい!

 

これはよくできた本物の動物ポンポンでしょう…と思った方。

 

いえいえこちらもポンポンによく似た柴犬なのです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

しばいぬのふうた2019(@shiba_no_futa2019)がシェアした投稿 -

 

風太くんは、体に対して頭が大きいという実にパピーらしい体型の持ち主。

 

そのため上から写真を撮ったところ、奇跡的にこのような写真が生まれたようです。

 

これはちょっと可愛すぎて反則!

 

アレのせいで、動物ポンポン感アップ中。

ただでさえ丸っこいお顔がポンポンヨリな柴犬なのですが、とあるアイテムをつけている時はその感じがより強くなります。

 

そう、それはエリザベスカラー。

 

こちらの春吉くんは、エリザベスカラーをつけながらオーナーさんにおやつをもらっているところ。

 

上から見える春吉くんの顔は、もはや動物ポンポンそのものですね。

 

しかもその可愛いビジュアルで、口をあーんと開けたり、おやつをかじったりと、動くのですよ。

 

まあ本物なので、当たり前のことなのですけれど…。

 

こちらもエリザベスカラーをつけている、ルイくん。

ぼんやりとしたお顔で、このまま寝落ちしてしまいそうですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

nyamo(@nyamori)がシェアした投稿 -

 

そしてやっぱり動物ポンポンを彷彿とさせる丸っこいフォルムがたまりません。

耳がぴーんと立っているところも可愛いポイントでしょう。

 

しかし、エリザベスカラーは喜ばしいものではないですね。

みんな、早く卒業できるといいね。

 

さて、動物ポンポンのような柴犬、いかがでしたか。

彼らのポンポンの再現性の高さには驚かされましたね!

 

あ、逆か…。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

好きすぎて作りたい!赤毛柴犬の手作りキット3選

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬