2020年2月28日16,339 ビュー View

お庭の遠くの方で、猫の侵入に気づいた柴犬。ぬいぐるみで遊んでいたため、つい咥えたまま出動してしまう【動画】

柴犬は、頼もしく番犬の動きを見せてくれることがあります。不審な侵入者に対して、果敢に吠えて威嚇し追い払ってくれるのです。しかしときには、それが少し空回りしてしまうこともあるようで…。だって、可愛らしくぬいぐるみを咥えた柴犬警官なんて、見たこと無いですよね…?

ぬいぐるみで遊んでゴキゲン

自宅の庭で、大好きなぬいぐるみで遊んでいる柴犬のてつくん。くわえてはブンブン振り回し、かなりゴキゲンのようです。

 

オーナーさんが顔の近くにカメラを構えると、見せつけるかのようにまた顔をブンブン。

 

ああ…とても可愛らしいです。

 

「ハッ」何かをみつけた

ぬいぐるみ遊びを楽しんでいたてつくんですが、突然動きが止まりました。

 

いったいどうしたのでしょう。

 

先ほどまでの楽しそうな表情とは異なり、緊張感のある雰囲気に変わりました。

 

しかし…先ほどのぬいぐるみをくわえたままので、見ている方はなんだか気が抜けてしまう…。

 

猫の侵入を察知!

強張った空気を出すてつくんの視線の先には、たまにやってくるという白い猫がいました。

 

そうです、てつくんは自宅に猫が侵入したことで緊張が走っていたのでした。

 

そして白い猫もてつくんに気が付いたようで、車の陰から様子をチラッ。

 

しかし、白い猫が少々上手のよう。

 

もはやてつくんのお庭には慣れっこのようで、『てつくんのリードでは来られない位置』というそのラインを把握していたのです。

 

ということでまったく怖がる様子はなく、平気で通り過ぎようとしています。

 

我慢ならん、出動だ!

そんな挑発的な態度に怒りがこみ上げたのでしょう。

 

てつくんは、一直線に白い猫の所へ走っていきました!

 

まるで「コラー!」とばかりにかなりの速度で、可愛らしいぬいぐるみをくわえたまま…。

 

しかしやはり猫の方が一枚上手だったのです。

 

ギリギリのところでリードがツーンと伸び切ってしまい、猫を取り逃がしてしまいます。

 

しかも、リードが伸び切ったときの衝撃でなんとぬいぐるみがスコーンと飛んで、届かない距離に飛んでいくというダブルのショックが…。

 

まるで漫画のなこの様子…いや、漫画というよりもはやコントか…?

 

無念そうにウロウロするてつくんからは、強めに哀愁が放たれる結果となりましたとさ…。

 

お家を守ろうとした、とてもいい子のてつくん。

なのに、いろいろ空回りしてしまいました。

 

しかし、オーナーさんとしては、そこがまた愛らしいものでしょう。

 

このあとは、お家を守ってくれてありがとうと褒めてもらえたようですから、ひとまずはよかったよかった…かな?

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「キリッ。」我が家への不審な進入を察知した『柴犬ネコ調査隊』が、鋭意出動開始したもよう。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬