2021年1月20日55,163 ビュー View

「ゆっくり行こうね」リードを持つ赤ちゃんの歩幅に合わせつつ先導する柴犬。その優しい心にジーンときた…【動画】

今回ご紹介するのは、明らかに相手に気を配っていると言える柴犬の光景。その相手とは赤ちゃんです。小さくてひ弱で、守るべき相手だとわかっているのでしょうね。柴犬の心優しい行動には、もうどうしたってジーンときてしまうでしょう!

柴犬のリードを持つのは、赤ちゃん

今回の主役は、白柴ミルク。

 

今は小さな赤ちゃんにリードを持ってもらっています。

お散歩に行くのかもしれませんが、相手は赤ちゃん…。

 

この先一体どうなるのか…と思ったところで、驚きの光景が。

 

なんと、リードを持ってもらっている赤ちゃんの歩幅に合わせ、ミルクが先導し始めたのです。

 

「こっちだよ、ゆっくりね」。

 

まるでそんな優しい言葉が聞こえてきそうな穏やかな表情で、少しずつ歩き始めたミルク。

 

赤ちゃんも、決してまだ歩きが上手とは言えません。

 

そのことをしっかり理解しているのでしょう。

 

少し進んでは止まって、赤ちゃんのお顔を見る。

そして近くに来たらまた少し進む…その仕草を繰り返しているのです。

 

これは確実に、相手のことをわかっていると言える仕草。

 

その深い思いやりの心には、ジーンときてしまいます!

 

おやつがポロリ! すごく欲しいけれど

とっても優しい心を持っているミルク。赤ちゃんのことを考えている姿には、ほっこりしてしまいましたね。

 

この日もそんなミルクの心がわかる光景が見られました。

 

今は、赤ちゃんがおせんべいのようなおやつを食べています。

その姿を目の前で見つめているミルク。

 

しかし、赤ちゃんはまだ食べることも上手ではありませんから、途中で床にポロリ。

 

そのことを見逃さず、落ちたことをしっかりと確認したミルク。

 

もちろん食いしん坊な柴犬ですから……と言いたいところですが、ミルクは違います。

 

きっと、自分がササッと動いて奪ってしまったら、赤ちゃんが泣いてしまうことをわかっているのでしょう。

 

わかりやすく欲しそうな態度を見せてはいるものの、奪うことはせずグッと堪えたのです。

 

ついつい舌なめずりが出てしまったあたり、本当に食べたかったことでしょう…。

 

それでも赤ちゃんの心を優先できるミルクは、本当に偉い子としか言いようがありません!

 

とにかく赤ちゃんのことをいちに考えられるミルクは、本当に優しい子でしたね。

 

赤ちゃんへの接し方を見ているとなんだか泣けてくるようでした。

 

あたたかい気持ちにさせてくれてありがとうね、ミルク!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

『コラ、ママやめなさい!』子供をあやす姿をケンカだと勘違い…すかさずやってきて必死で止めた柴犬の行動に感動!【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ