2021年6月7日4,990 ビュー View

『オヤツ早く』と決して急かさない…赤ちゃんを驚かせないよう、側で静かに待機するおじいわん柴犬が超癒し【動画】

今回ご紹介するのは赤ちゃんと仲良しな柴犬。登場するのはパピーとおじいわんな年齢のシニア柴犬で、年齢の差はすごいものの、どちらも赤ちゃんと優しく触れ合っているのです。その姿を見たら、間違いなく癒しの感情を与えられるはずですよ。

お互いに興味津々、するとパピーが…

柴犬パピーのむぎは小さな赤ちゃんと暮らしています。

 

まだ幼い子同士、互いに気になるようで興味津々。

 

しかしある時、パピーのむぎが赤ちゃんの小さなお手々をなめてあげたのです。

まるで…

 

ペロペロ…「これから仲良くしようね!」

 

なんていうかのよう…。

 

舐められた赤ちゃんはと言うと、むぎのことが大好きでとっても嬉しそう。

 

子どもは舐められると驚いてしまう子が多いものですが、びっくりしないなんて、きっとむぎの優しさが伝わっているのでしょうね。

 

まだハイハイもできない子ですが、むぎと一緒に遊びたい気持ちからすぐにできるようになってしまいそう。

 

これから大親友になれる予感がプンプンな可愛いコンビ。

一緒に仲良く、大きくなってね。

 

おすそ分けを、ただ静かに…

おじいわんな年齢の柴犬なるとは、この時オーナーさんと赤ちゃんと一緒におやつタイム。

 

オーナーさんから交互に貰うように、一緒に同じものを食べています。

 

すると、赤ちゃんはもらったおやつを口からポロリ。

まだ上手には食べられないようで落としちゃいました。

 

それを見ていたなるとは、「ラッキー!」とばかりに奪うのではなく、「これ落ちたよ、食べていいかな?」なんて聞こえそうな穏やかさで、様子を気にながらそっとパクリ。

 

その後も自分のおやつを貰う番まで、ただただ静かに横で待っているのです。

 

本来、これは赤ちゃんのオヤツ。

 

だから「欲しいな」なんてそんな気持ちが伝わってくるようですが、そんなことまで考えて「待っているからね」にしているのでしょう。

 

相手のことをしっかり考えて行動できるなるとは、本当に優しい子。

 

シニアならではのおっとり感も相まって、こちらまですっかり癒されてしまいました!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(どこ行ったのぉ…)足元にあるボールを見失っちゃったおばあワンな柴犬。おっとりおとぼけ感が超愛おしい…【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ