2021年8月31日5,744 ビュー View

診察台では暴れるくせに…散歩の途中だと動物病院に寄りたがる柴犬。そういうとこ好き。

今回は、自分ルールのクセが強すぎる柴犬の“謎ク”セをご紹介。彼らの考えていることなんて、到底我々が理解できるものではないのです、だって相手は柴犬なのだから…っていうだけで「だな!」と納得できちゃう生き物であることがそもそもスゴイ。

普段は暴れちゃうクセに…

最初は柴犬五郎さん。今はお散歩中のようですが、とあるポイントにきてストンとおすわりをしています。

 

その場所とはまさかの動物病院。

 

あれ、好きなのかな…と思いきや、やっぱり診察台では暴れちゃうというのだから「苦手な場所」のよう。

 

なのに、こと散歩中となればこんな姿を見せるのです。

 

完全にドアのオープンを待っていますね。

 

なんなら休診の日もドアが開くのを待ってしまうというのだからその気持ちは筋金入り。

 

この姿は偶然ではないのです。

 

なんなの、なんでなの。

まったく謎が深いよね、本当に。

 

謎が可愛くて鼻血でそう

お次は黒柴ポコさん。

 

ポコさんもまた不思議な姿を見せてくれているのですが、その感じがもう言葉にできないほど愛くるしいのです。

 

今は椅子をホリホリしているのですが、それだけなら他の子でも見られるもの。

 

しかし合間で、なぜか『小ジャンプ』を挟むのです。

 

ホリホリ…クンクン…ピョコン!

 

いやいやなんでしょうかこの可愛い流れは。

2足立ちでホリホリしているだけでもたまらないのに…。

 

改めて気合を入れるようにピョコンだなんて、もはや可愛さで苦しめたいのではないかとさえ思えてきちゃいます。

 

ああもう何度も見たいヤツ!

 

これが毎日とか…最高か!

最後は柴犬鉄心さん。

 

オーナーさんのキャプションを見る限り、その姿を想像しただけでときめいてしまうような状況のようですが、にわかに信じがたいのです。

 

どういうものかというと『毎度のことですが、今日もひとりでケージに入らない』というもの。

 

「え、あの柴犬が…?」と思ってしまいますよね。

 

でも鉄心さんは、本当にその姿を見せているのでした。

 

見ましたか。まさかの『お見送り』を求めている姿を。

 

未だかつてこんな状況見たことがありません。

 

これにはオーナーさんも「謎ですが、かわいいのでいつも付き合ってます」という嬉しいい悲鳴をあげているのでした。

 

そりゃそうなりますよね、もはや理由などなんでも良いと思えるほど羨ましい状況ですから!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

夜な夜なリビングで響く謎の音…飼い主が覗くとそこには…夜中と思えぬテンションで大運動会中の柴犬がいた【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ