2021年8月18日6,459 ビュー View

自力で出れないソファ下に強引に潜った柴犬、結局飼い主さんに救助される。全く手が焼けて可愛いんだから…【動画】

今回は、柴犬らしい謎クセを放った瞬間をご紹介。主役柴犬はどうやら狭いとこフェチのよう。だって、ごく僅かな隙間に無理やり入り込むのですから。しかも当たり前ながら出られないわけで。「なんで」が避けられない状況はつい笑えてきちゃうのです!

それは無謀な戦いだった

今回の主役は柴犬さなさん。

 

動画は、のっけからインパクトしかない光景が写されます。

それはソファの下から突き出たお尻&しっぽのアップ。

 

早速ですが、さなさんは“隙間フェチ”を発揮しているのでした。

 

とはいえ本当に狭い隙間で、入り込めたとしても戻って来れそうにないのです。

そんな心配をよそにゴソゴソとインしていったさなさん。

 

するとこんな光景が写されました。

 

ひしひしと隙間を堪能しているかのように、スッと見切れたマズル。

可愛いかよ…。

 

その後、そのマズルをナデナデしたオーナーさん。

やはり可愛く思えたのでしょうね。

 

しかしここで恐れていた事態が。

やっぱりさなさんは、隙間から出られなかったのです。

 

それでも一応トライしてお顔だけニョキッと出したものの、そこからの進展は無し。

 

その姿をみかねたオーナーさんは、救出のためソファを持ち上げることに。

 

そしてさなさんは急に浮かんだソファに驚いている最中、オーナーさんにスーッと移動されて脱出と相成るのでした。

 

って一体何がしたかったんだ!

 

隙間フェチを極めておられる

さて、この日もさなさんはマイペースに過ごしていたようです。

 

動画は、眠そうにぼんやりしたお顔のさなさんが写されるのですが、気になるのはその場所。

 

フローリングのに寝そべっているものの、可愛いお顔の横に見えるのは明らかにソファの脚。

 

しかも反対側のお顔の横には、お部屋の壁が見えるのです。

と言うことは…

 

(ミチッ…)

 

強烈なクセポーズをしながら、再び狭い隙間にインしていたのでした。

 

しかも、そんなおかしな場所でウトウト…。

 

その姿を撮影され続けていたとしても、なんらお構いなしのさなさん。

 

その気ままな感じは可愛いけれど、不意にこのシチュエーションに出くわしたら、驚きすぎてまず変な声が出ちゃうでしょう。

 

しかしさなさん可愛いかな。

 

お顔をソファの脚に寄せすぎてしまったために片目がぎゅっとなり、まさにウィンク状態。

 

あまりにキュートなフェチシーンは、短いながらに見どころしかないのです!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(チラッ)新しくオモチャのボールを貰った柴犬の子犬。転がる動きで生き物と勘違いし、結果怯えてしまう…【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ