2022年3月4日4,313 ビュー View

「楽しくなってきたアアーッ!」砂まみれになる柴犬を前に飼い主は悲鳴をあげることしかできないのである【動画】

今回登場する柴犬は、すぐに横になってしまうタイプの子。散歩からまだ帰りたくなくてゴローン。砂浜に来てはゴローン。体が汚れることも、周りの目も、気にしないのです。ここまでくると、もういっそ清々しい!

毛が抜けてもかまわないらしい

こちらは今回の主役、柴犬のポン太。ただいまお散歩中。でもあれれ? なにか様子がおかしいぞ?

 

「絶対に歩かないから!」。

 

まだ帰りたくなくて、道路にゴロンをしているのです。なんと見事なイヤイヤっぷり!

 

リードを引っ張られても、ピクリともしません。あまり強引にすると毛が擦れてしまいそうで、オーナーさんも困っています。

 

でもポン太は「毛はどうなってもいい!」ということなのでしょう。よほどの散歩好きね…。

 

その後もズルズルと、少しずつ横になったまま引っ張られていきます。まさか、このまま家までってことはないよね?

 

結局、動画の最後までポン太が起き上がることはありませんでした。なかなか手ごわいな!




 

スイッチが入ってしまった

こちらも、柴犬のポン太。砂浜で遊んでいて、すでにおてては砂だらけ。もちろん、それだけで済むはずもなく…。

 

砂の上でゴロゴロし始めてしまいました!

 

「ウッヒョー!」。

 

あわわ…全身砂まみれ…! なにかしらのスイッチが入ってしまったようですね。

 

これには「あー!」と悲鳴をあげるオーナーさん。「汚い…」とつい本音も漏れてしまいます。

 

でも、砂まみれのポン太を洗ってあげるのはオーナーさんですものね…。ポン太、気持ちはわかるけど、ちょっとは遠慮してね。オーナーさんはきっと涙目だよ?

 

ところがポン太は、さらにクネクネする動きも追加してきます。ますます砂だらけに…。これはシャンプーが大変そう。

 

でもこの楽しそうな姿を見ていると、「ゴロンはダメ」とは言えないのですよね!




 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「ハッ…ハッ…楽しかった!」ぬかるみにハマって泥だらけになった柴犬がいい顔してる

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ