2022年7月16日4,050 ビュー View

(やめれば良かった…)姉として弟にベッドを譲るもすぐさま後悔する柴犬の哀愁たるや【動画】

今回はこちらまで切なくなってしまうような柴犬たちの様子をご紹介。ある子は姉として大人な対応をするも後悔してションボリ。またある子は苦手なリードを装着させられてションボリ。そんなに悲しいお顔でこっちを見ないで…!

場所を譲ったものの後悔

姉柴のゆずと弟柴の茶太郎は、デンタルボーンをもらってご機嫌です。いつものように桶型のベッドで食べようとするも、この日ひとつは洗濯中。

 

柴犬2頭にベッドがひとつ…。これは揉め事になる!? そう思いきや、ゆずが大人な対応を見せました。

 

スッとその場から立ち去り、茶太郎にベッドを譲ってあげたのです。ところがすぐに後悔の波が押し寄せたようで。

 

(譲らなきゃ良かった…)

 

なんてお顔でこちらを見ているの…! 哀愁がすごいよ。

 

やっぱり自分もベッドのなかでカミカミしたくなったみたい。加えて、弟のデンタルボーンも気になる様子。ゆずのは、かなり小さくなってしまったものね。

 

気分転換にウロウロするも、再びベッドにやってきたゆず。茶太郎に「交代してほしいなぁ…」とアピールするも、スルーされてしまいました。

 

重ね重ね切ない状況。でもね、ゆずが優しいお姉ちゃんだってことはみんなが知っているからね! 元気出して!




 

リードをつけられて意気消沈

さあ、これからお散歩です。でも黒柴の大河のオーナーさんにとっては、むしろお散歩に出るまでが大仕事。なにしろ大河は、お散歩は好きだけどリードは苦手な子。

 

この日も室内で本気の追いかけっこです。テーブルを挟んで、オーナーさんと絶妙は距離をとる大河。これではいつまで経っても捕まえられそうにありません。

 

あらら、大河を追ってオーナーさんはテーブルにすねをゴンッ! これは痛そう…。ついには「やめよっかな、散歩」とポツリ。

 

すると大河は大慌て。「散歩には行きたいの!」と自らそばにやって来ました。あれほど逃げ回っていたのに。

 

でもやはりハーネスをつけられると、こうです。

 

まさに意気消沈。ションボリしすぎでしょ! もう、可愛いな!

 

さてなんとかハーネスとリードを装着してお散歩に出発した大河でしたが、なんとそれらを外すのもまた苦手なのです。

 

「早く外して!」と言わんばかりに、ハーネスから荒々しくお顔を抜きました。豊満な頬のお肉がちょっと邪魔をしていたようですが、それもまた可愛いポイント。

 

全てが終わるとスッキリした表情に。お散歩自体はとても楽しかったようで、良かったね!




 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「それ美味しそうだねぇ…」すき焼きを食べてみたい柴犬。ションボリ顔でアゴ乗せしてくるのあざとい【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ