2023年4月27日30,480 ビュー View

優しく見守り、適切にサポート。赤ちゃんと遊ぶ柴犬の対応がパーフェクトすぎた【動画】

自由人…もとい自由犬のイメージがある柴犬たちですが、相手が赤ちゃんだとちょっと様子が違います。オモチャを奪ったりせずむしろ遊ばせてあげたり、触ってほしくないところも触られてもおおっぴらには断れなかったりするのです。

まるで保護者のよう

赤ちゃんの子守りをしている、こちらの柴犬さん。まずはお顔を近づけてクンクン…。

 

本当は舐めて愛でたいところですがグッと我慢。「お顔は舐めちゃダメ」とオーナーさんに言われているのかもしれませんね。

 

ふと柴犬さんが視線を向けたのはボールのオモチャ。前足を激しく動かしてオモチャを動かしました。

 

コロコロと赤ちゃんの方へ転がるオモチャ。偶然かと思いきや、そうではありません。

 

「ほら、これで遊ぼうよ」。

 

柴犬さんは赤ちゃんを遊びに誘っていたのです!

 

赤ちゃんが手をバタバタと動かすと、上手い具合に柴犬さんの方にオモチャがコロコロ。すると柴犬さんもコロコロと打ち返しました。

 

キャッチボールが成立した奇跡的な瞬間です!

 

再び転がってきたオモチャを、今度はつかもうとする赤ちゃん。でもなかなかつかむことができません。

 

それを柴犬さんはひたすらジーッ。すぐに手伝わずに「もうちょっとだ! 頑張れ!」と応援するように見守っています。

 

しばらく奮闘していた赤ちゃんでしたが、ここでようやく柴犬さんが動きました。「よく頑張ったね」とオモチャを取ってあげたのです。

 

サポートに入るタイミングまで完璧。保護者のような存在で頼りになりますね!

 

爪チェックにたじたじ

こちらは黒柴のにまさん。にまさんの前足をガシッとつかんでいるのは、オーナーさんのお孫さん。

 

どうやら自分とは違う、にまさんの爪が気になるみたい。でもあまりにもしっかりとつかむので、にまさんはちょっとドキドキ…。

 

「も、もういいかな…?」と言うかのように、お孫さんの手を優しくペロペロしているのです。

 

そして隙をついて前足をスッと引っ込めました。でもお孫さんの興味はなかなか尽きないようで…。

 

今度は反対側の前足をギュッ! これにはにまさんも「ちょっ…やめて…」と困惑しています。

 

相手が大人だったらもう少し強く出たかもしれませんが、なにしろ相手は悪気のない小さい子。

 

にまさんは怒ったり暴れたりするかわりに、その場から逃走することにしたようです。

 

「子どもの相手は大変だわ」と思っているかもしれない、にまさんでした!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬と女の子とぬいぐるみが一緒にスヤァ。なにこの幸せしかない光景【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ