2024年1月17日24,917 ビュー View

障害物競争の決勝に出られなくてふてくされちゃった柴犬。スタート地点でこの態度である【動画】

柴犬がゴローンと横になるのは休憩時や睡眠時だけではありません。「なんか嫌」「それはやりたくない」などという気持ちを表現するため横になることがあるのです。人はその状態の彼らを「拒否柴」と呼びます。

スタート地点でゴローン

柴犬たちのオフ会にやってきた、さくらこ。集まった子たちで障害物競争をやるなどして、盛り上がっているようです。

 

ところがさくらこといったら…。

 

(ゴローン!)

 

レースのスタート地点で横になっているのです!

 

どうやら障害物競走の決勝に出られず、ふてくされてしまったみたい。つまらなそうなお顔で「あたしには関係ないわ」と言っているのかも。

 

その奥の方では、まさに決勝のレースがスタートしたところ。どの子も一斉に走り出し、ギャラリーは大盛り上がり。

 

周囲とさくらこの温度差に笑ってしまいますね!

 

次は無事に決勝まで進めますように。

 

行きたくなくてゴローン

続いては、柴犬のロン。お散歩の時間になったのでオーナーさんが声をかけますが、ロンはイスの下でゴローンと横になったまま。

 

これだけ声をかけても起きないということは、相当熟睡しているのでしょうね。

 

でも実はこれ、ロンの演技。どうやら…。

 

「お散歩に行く気分じゃない」。

 

…ということのようです。なんという迫真の演技!

 

オーナーさんによるとロンがお散歩を拒否するのはいつものことで、毎日色々な作戦で拒否をしているのだとか。

 

でも基本的には寝たふり作戦が多いとのこと。どうりで演技が上手なわけですよ。

 

年季が入った寝る演技でお散歩を回避しようとする、ロンでした!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「やりたくないんですけど!?」超文句を言いながら芸をする柴犬が面白い【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ