2024年4月13日47,996 ビュー View

飼い主を障害物にして暴走する柴犬が面白すぎる【動画】

今回登場するのは迷惑行為をする柴犬たち。移動をお願いされても無視したり危険な走行を続けたりするので、周囲はやや困り気味。でも見ている方としては面白すぎるのですよ!

「邪魔なんですけど…」

ベッドで横になっている柴犬の幹雄。ど真ん中で体を伸ばし、快適に過ごしているようですね。

 

それを快く思っていないのは双子の柴犬、節子。幹雄におててで触れて…。

 

「どけ!」。

 

動くように言っています。まるで人間のようにユサユサと揺らす様子が面白いですね。

 

ところが幹雄はまったく移動してくれません。体が動くほどユサユサされているのに完全に無視。

 

もちろん節子もあきらめたくありません。自分だって横になりたいのですから。

 

でも怒ったりせず、いつまでもユサユサするだけ。なんて優しいアピールなの。

 

この様子ではいつまで経っても動いてくれそうにありませんね!

 

オーナーさんは障害物じゃないよ

ベッドでうつ伏せになっているオーナーさん。その周りを大興奮で走り回っているのは、柴犬の幹雄です。

 

完全にスイッチが入った状態の幹雄は、まるで障害物を飛び越えるかのようにオーナーさんの上をピョン!

 

(ドスッ…)

 

まあ、ちょっと踏んづけてはいますけれども。

 

背中でこんなことをされたら、オーナーさんも悲鳴を上げながら時が過ぎ去るのを待つしかありません。

 

しかもズドドドドと大暴れしたと思いきや、ピタッ…。急に止まることも。

 

その緩急がさらに幹雄の動きを予想させにくくして、やたらとドキドキさせるのです。

 

その後も高速ホリホリしたり、ぬいぐるみを持ってきたり、幹雄の暴走は止まりません。

 

あまりにも楽しそうな姿に笑ってしまいますが、障害物担当のオーナーさんはそれどころではないですよね。

 

幹雄もオーナーさんもケガをしない程度に遊んでね!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

そこに行くといつも様子がおかしくなる柴犬。動きのクセ強すぎ…!【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ