2018年6月19日4,909 ビュー View

レア柴犬「胡麻柴」の魅力がわかる動画5選

柴犬の毛色は、赤毛、黒毛、胡麻毛、白毛の四種類。全体の8割が赤毛で、次いで多いのが黒毛、そして胡麻毛、白毛の柴犬はレア柴犬と言えるでしょう。今回は、模様の入り方から色の濃淡まで、見た目の個体差が大きい胡麻柴に注目!色んなビジュアルの子を動画で紹介します。

この記事のタイトルとURLをコピー

柴犬胡麻

Molica_an:shutterstock

赤ちゃんの胡麻柴は全身黒っぽい!?

柴犬はパピー期と成犬期では、毛の色がだいぶ違う犬種です。特に赤毛の柴犬のパピー期は口周りの毛色が濃く、ドロボウ顔(もしくはカールおじさん顔)でかわいいですよね。

 

では胡麻柴の場合はどうでしょうか。@shiba_inu_gomaさんの胡麻ちゃんを見てみましょう。

 

こちらは生後2ヶ月頃の胡麻ちゃん!

 

胡麻柴ちゃんさん(@shiba_inu_goma)がシェアした投稿 -

全身の毛の色が濃いめで、黒っぽい茶色をしています。タヌキやクマの赤ちゃんにも似ていますね。それにしてもぽてぽて歩く姿がかわいすぎる!

 

つづいて、ぬいぐるみを襲う最近の胡麻ちゃんがこちら。

 

胡麻柴ちゃんさん(@shiba_inu_goma)がシェアした投稿 -

アゴの下など、白い毛の部分が増えてきました。背中の黒っぽい部分も濃淡が出てきています。何より、あんなにあどけなかった胡麻ちゃんが、わずか4ヶ月でワイルドに成長していて驚きです。

 

均一に黒毛が混じっているタイプのめろんくん

親子で紅葉を楽しんでいるこちらの胡麻柴は、めろんくん。赤柴の2頭と並ぶと、毛色の違いは一目瞭然。赤毛部分に均一に黒毛が入っていて、キレイな胡麻色になっています。

 

さらに黒毛強めのちゃこちゃん

こちらのちゃこちゃんは、めろんくんよりも黒毛が強めの胡麻柴です。特に首回りはかなり黒毛が優位ですね。そのせいかキリっとした雰囲気が漂ってきます。

 

こちらは、ちゃこちゃんが初めて洗車をしたときの様子!

 

aiko moriさん(@aiko11mori)がシェアした投稿 -

目がキョトンとしていて最高にカワイイ…!さすがハートの強い柴犬!

 

部分部分に黒毛があるタイプのとーたくん

一瞬真顔を見せるこちらの胡麻柴は、@ mighty_maiさんのとーたくん。口周り、胸元、背中に黒毛が混じっていますが、全体的には赤柴に近い印象ですね。胡麻柴にも色々あるんですね。

 

こちらは、真顔になるとーたくん。

 

マイティさん(@mighty_mai)がシェアした投稿 -

 

成犬になったら赤柴になった?報告多数

胡麻柴として譲り受けたのに成犬になったら赤柴になった、という話は珍しくないようです。

 

そもそも日本犬保存会のHPを見ても、「胡麻毛は、赤毛に黒毛が混ざったもので、黒毛犬と同様の白毛の部分があり、渋みのある毛色です。」とだけ定義されていて、一般人からすると胡麻柴かどうか判断が難しい毛色です。

 

そして前述の通り、柴犬は成長過程で毛色の変化が大きいことから「うちの子、赤柴だったの!?」という事案が発生するのかもしれません。

 

同じ胡麻柴と言っても、模様も毛色の濃淡も犬それぞれで、個性的で面白いですね。ただ、柴犬は毛色によって性格に違いはないと考えられていますし、前述の通り胡麻柴はゆらぎのある毛色です。

 

そう考えると、実は毛色云々って大したことではないのかもしれませんね。今回紹介したどの子もかわいかった!という結論です。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね!

気になる豆柴犬のアレコレ〜普通の柴犬と違うの?〜

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事