2018年8月20日3,582 ビュー View

柴犬vsお掃除ロボット!最後は思わぬ結末に…

近年は家電製品のひとつとして、さまざまなロボットが登場するようになりました。なかでも代表的な存在と言えるのが、自動的に床をきれいにしてくれる「お掃除ロボット」でしょう。しかし、ペットにとってお掃除ロボットは未知の存在です。今回はそんな敵か味方かわからないお掃除ロボットと出会ってしまった柴犬のリアクションを収めた動画をご紹介しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピー

柴犬掃除機

olivialazer/shutterstock

柴犬シバタ、お掃除ロボットに大興奮!?

リビングのカーペットで休んでいた柴犬のシバタくん。最初はおもちゃで無邪気に遊んでいましたが、床を掃除していたロボットが自分に近づいてくると、立ち上がって闘争心をむき出しにしています。

 

最初こそロボットが自分から離れていけば追いかけることもありませんでしたが、警戒する姿勢は崩しません。次は自らロボットに近寄って端の方をガブリ!それでも何のリアクションも示さないロボットにしびれを切らしたのか、吠えて威嚇しながら何度も噛み付いています。

 

家族以外にはなつきにくいと言われる柴犬らしく、動きや考えの読めないロボットを激しく警戒しているのがかわいらしいです。

 

ロボットを動かしていたのはオーナーだった!

ところが、ここで衝撃の事実が発覚。アングルが変わり、カメラに映ったオーナーの手にはロボットのリモコンが握られていました。なんとお掃除ロボットは自動的に動いていたのではなく、オーナーによる操縦で動かされていたのです。

 

シバタくんのリアクションが面白いのか、オーナーはわざとロボットをシバタくんのほうに近づけます。相変わらずロボットに吠えつつづけるシバタくんですが、なぜか今度はロボットに噛み付こうとはしませんでした。もしかしたら、この時点でなにか先ほどとは違う「異変の兆し」を感じていたのかもしません。

 

ロボットに触れた瞬間、静電気がパチリ!

床を掃いて細かいホコリなどを吸い込むお掃除ロボットは、必然的に静電気がたまりやすくなっています。シバタくんも嫌な予感がしたのか、ロボットに自ら触ろうとはしませんでしたが、ここで誤ってロボットと接触してしまいます。

 

その瞬間、シバタくんの体に静電気が走りました。先ほどまで元気にロボットに噛みついていた姿とはうって変わって、一瞬でテンションがダダ下がりするかわいいシバタくんの様子は、ぜひ動画で確かめてみてください。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね!

全力阻止!掃除を邪魔する柴犬たち

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事