2018年11月8日5,781 ビュー View

柴犬パピーが繰り広げる「可愛すぎ」な攻防戦!

犬たちも、人間と同じようにしっかり学習をする生き物。でも、これもまた人間と同じように、「だめだとわかっていてもやってしまう…」ということがあります。それはもうオーナーの皆さまもご存知のはずですよね。今回ご紹介するのは、柴犬パピーの2頭。ルールをしっかり守ろうとする真面目な武蔵と、おそらく「だめ」なことがわかっていてもやめられない小次郎。2頭の可愛い攻防戦をご覧ください!

この記事のタイトルとURLをコピー

Model:@ryuji513(Instagram)

ここから出ちゃいけないんだよ!

見ての通り、ケージから脱出を試みようとしているのは黒柴の「小次郎」です。今、まさにそこはケージの中ですし、おそらく小次郎も出てはいけないことを知っているはず。だからこそ必死で誰かを呼んでいます。ケージの中はなかなか広いのですが、もっと広いところに出たいのかもしれませんね。それとも、寂しくなってオーナーに会いたいのかも。

 

そして、小次郎がケージから逃げようとするのを「だめだよ!」と必死で止める武蔵。武蔵もここから出てはいけないと知っているようで、小次郎がケージに掴まった瞬間にちょっかいを出します。本当にだめだと伝えているように見えますね。

 

邪魔をされた小次郎はぷんぷん。歯を剥き出して怒りますが、武蔵も負けてはいません。だめなものはだめ!とばかりに反抗します。そのケンカもすぐに終わり、また小次郎は「出してよ~」と吠えはじめてしまいました。

 

武蔵の頭脳戦

小次郎はどうしても外に出たいようで、相変わらず奮闘中。武蔵は「どうやって引き留めよう…」と考えている様子。そして「これだ!」と思いついたのが、おもちゃです。ぶんぶんと振り回し、「これで遊ぼうよ」と小次郎のところに持ってきました。ひとりで遊ぶのではなく、ちゃんと小次郎のほうに持って行っているあたり、これは武蔵の立派な作戦と言えますね!しかも振り回してみたりして気を引いているようです。まだパピーなのに、驚くほどお利口さんです…!

 

 

しかしながら「武蔵渾身のおもちゃ大作戦」は惨敗。小次郎は遊んでくれませんでした。武蔵としては残念な結果になりましたが、動画の終わりには結局小次郎も外に出ることを諦めたようです。

 

一応…ですが、最終的に武蔵の気持ちは伝わったのではないでしょうか?こんなに小さい柴犬ですが、「相手の関心を引こうとする」あたり、すごいなぁと思いますよね!

柴犬の賢さや、優しい一面を見ることができました。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「何か悪いことでも?」イタズラ後にしれっとする柴犬たち

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事