2018年11月22日5,743 ビュー View

「おっさん3人+柴犬3頭」が公園でダラダラ喋るだけの会話劇『柴公園』〜映画&ドラマ公開情報〜

柴犬オーナーも、柴犬と暮らさずとも彼らをこよなく愛する「見る柴」のみなさんも…すべての柴好きに朗報です!

この度、柴犬連れのおっさん3人が公園でダラダラ喋るだけの会話劇『柴公園』の製作が決定。 なんと、連続ドラマ&映画のダブル公開だとか。

ストーリーと公開情報をお届けします!主演をつとめるのは、我らが柴犬3頭と、名バイプレーヤーの渋川清彦さん他!

この記事のタイトルとURLをコピー

『柴公園』とは

柴公園

『柴公園』は、街の公園で、柴犬連れおっさん3人がのんべんだらりと喋るだけの会話劇。

 

おっさんたちの共通点…それは、古い街に突如建ったタワマンに越してきた街の新参者にして柴犬を飼っていること。

 

彼らは毎日散歩で顔を合わせるが、お互いの名前も知らない適度な距離感のお付き合い。が、故に普段思っている事を何でも話せる。

 

妙にレベルが高い無駄話を聞いているうちに、壮大なる脳内ドラマが展開されます。

 

『柴公園』のストーリー

都市開発が進む街の昔からある公園。

 

柴犬を散歩するあたるパパ(渋川清彦)、じっちゃんパパ(大西信満)、さちこパパ(ドロンズ石本)は、朝夕決まった時間にやって来る顔見知りで、犬の名前しか知らないフラットな関係性。

 

ベンチに座って話すのは、決まって他愛の無い世間話。ところが、やたらIQの高い3人の会話は日に日にエスカレート。

 

絶妙に噛合うアカデミックな会話と置いてけぼりの柴犬たち。

 

3人の会話はやがて壮大なる無駄話に変わっていく…。

 

(これってけっこう“柴飼いあるある”かも!)

 

名バイプレーヤーズが集結した俳優陣にも注目

主演のあたるパパ役を演じるのは、俳優の渋川清彦さん。

柴公園

映画『クローズ ZERO』ではヤクザ役を、伊坂幸太郎原作の映画『フィッシュストーリー』ではちょっぴり冴えないミュージシャン役を演じるなど、日本を代表する名バイプレイヤーのひとり。

 

2018年にはNHK大河ドラマ『西郷どん』で板垣退助役に抜擢され、さらに今年の映画出演数は13本。映画関係者が今最も起用したいとの呼び声が高い俳優さんです。

 

あとふたりの“おっさん”は、じっちゃんパパ役を大西信満さんが、さちこパパ役をドロンズ石本さんがつとめます。

 

 

おっさんでありながら「◯◯パパ」と呼び合うあたり…妙にほっこりしてしまうのは、とてつもない柴犬愛を感じるからでしょうか。

 

そんな柴犬愛に満ちた3人のおっさんが繰り広げる個性豊かな会話劇は、まさに必見です!

 

柴犬は、赤柴が2頭に黒柴が1頭!

柴公園

おっさんたちと暮らす柴犬たちは、赤柴が2頭に黒柴が1頭。

 

さらに「たぬき顔」と「きつね顔」がいるから、会話に耳を傾けながらも、目では柴犬ばかり追いかけてしまいそう。

 

全ての柴犬ラバーに見ていただきたい、最高のエンターテイメントです!

 

ドラマは2019年1月、映画は同年6月に公開予定

究極の暇潰しコンテンツ『柴公園』は、10月26日(木)より都内近郊で撮影が開始され、12月上旬にクランクアップ予定。

 

2019年1月より、テレビ神奈川他にてドラマ放送。同年6月14日(金)の映画公開を控えているそうです。

 

みなさん、心してお待ちくださいね!

 

こちらの記事も合わせてチェック。

【新連載】“見る柴”マニア・野村高文の柴犬見聞録[vol.1]〜ぼくの目は柴犬を見ている〜

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事