2018年12月8日2,344 ビュー View

「脇スチャッ」に続く人気!「股スチャッ」に無事成功した柴犬たち

柴犬たちに人気な「脇スチャッ」は先日の特集でご紹介しましたが、こちらに次ぐ人気を誇るのが今回特集する「股スチャッ」です。なぜお股に入り込みたくなるのか…そんな理由とともに、オーナーの股に入り込むことに成功した柴犬たちをご覧ください!

この記事のタイトルとURLをコピー

「股スチャッ」が人気の理由

まずはこちらからご紹介しましょう。先日の「脇スチャッ」に関しては、やはり食べ物が絡んでいることがその仕草が見られる圧倒的な理由でありますが、今回の「股スチャッ」に関しては、大きく2つあります。1つはやっぱり「食べ物」なのですけれど…、オーナーが椅子に座った場合、下から覗いている柴犬たちがアピールするにはやはり「お股」の間に入り込むことが一番食べ物に接近できること、かつ、オーナーの視界に入ることからこの場所が狙われるのでしょう。もう1つは、「安心するから」です。これは他の犬種にも見られることですが、なぜか犬たちには人間の「お股ポジション」が大人気。多分、挟まれて安心する上に、顎をポフッと置けることからちょうど心地の良い場所なのでしょうね。(笑)

 

早速「股スチャッ」の成功状況を確認!

そんな理由を踏まえて、早速見てまいりましょう!

 

「負けない…!」

やはり、「脇スチャッ」同様無理やり入り込むケースが多いようで、こちらの柴犬のように顔が潰れてしまうこともしばしば発生しています。そして見逃せないのがこの前足。もう気持ちが溢れすぎ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はなさん(@bb_hana)がシェアした投稿 -

 

安心しているタイプの方

これはきっと、人気の理由後者である「安心する」タイプの方でしょう。まさに柴犬の表情にそんな感情が溢れているようです。ちょっとだけトロンとした目になっちゃって。延々と撫でていられそうにカワイイ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

てんパパさん(@tenchan.shiba)がシェアした投稿 -

 

やはり「うさ柴」になるのです。

こちらの柴犬の「股スチャッ」はまたちょっと違うタイプの潜り込み方。しかし、柴犬が狭い場所に顔を突っ込む=うさ柴に変化する現象はやはり起きるようですね。ちなみにこちらの柴犬は「股スチャッ」しながらせっせとボール遊びに誘っているようですよ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

花丸大吉まる子さん(@hanaruko)がシェアした投稿 -

 

ダブルで股スチャとか最高か

多頭飼いの方でしたら、こんな光景も目撃できるようです。ダブルでされたらなおカワイイ!けれどこの表情は確実に「食べ物」を狙っているヤツ。ということでオーナーは2倍食べづらいヤツ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬 Komugi & Tsukushiさん(@mugi_tsuku)がシェアした投稿 -

 

「股スチャッ」からうさ柴が捕獲されるまで

こちらは、先ほどの赤柴が「股スチャッ」中にうさ柴にされていく変化の動画です。「しまった、捕獲された…」とばかりに抜けようとすることが仇となり、余計にうさ柴化しちゃっているという。

動画後半に、同居している黒柴の手がそっと右側から登場するところもお見逃しなく。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬 Komugi & Tsukushiさん(@mugi_tsuku)がシェアした投稿 -

 

ちなみに…

手の主はと言うと、自分もしっかり「股スチャッ」しちゃっているし。この安心顔よ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬 Komugi & Tsukushiさん(@mugi_tsuku)がシェアした投稿 -

 

 

今回の「股スチャッ」特集いかがでしたか?

あなたの愛柴もきっとこの仕草をしているのではないかと思います。特に、寝転がっている時にされるとあたたかい愛柴がお股に乗っているあの時間が、不思議とこちらもリラックスしてくるのですよね。時間が経つと地味に重くなってくるということは懸念事項ですが、ホカホカとあたたまった愛柴からはほんのりと香ばしいかおりがしてきますので、そんなところは楽しむと良いでしょう。(笑)

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬たちの必死すぎる「脇スチャッ」の雄姿を目撃せよ!

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事