2018年12月25日4,094 ビュー View

「柴犬ぽんぽん」作品集!この冬ハンドメイドに挑戦してみる?

毛糸で動物の顔を作る「動物ぽんぽん」というハンドメイド作品をご存知でしょうか?色を考えながらぽんぽんメーカーに毛糸を巻き、ハサミで切りだしたり、形を整えたりして作るアート作品です。今回はその進化版「犬ぽんぽん」の中から柴犬の作品を特集!どんな作品が仕上がっているでしょうか?

まずは「ぽんぽん」のご紹介から

  • 犬ぽんぽん:毛糸を巻いてつくる表情ゆたかな動物

    犬ぽんぽん:毛糸を巻いてつくる表情ゆたかな動物

    『動物ぽんぽん』著者のtrikotri最新作。
    今度はかわいくてりりしい愛すべき犬たちを、毛糸のぽんぽんで作ります。

    出版社: 誠文堂新光社 (2017/3/9)

    販売サイトを見る

耳にしたことはあるけれど実際にはよく知らない…という方へ、まずはご紹介から。マフラーやニット帽でよく目にする丸い飾りを「ぽんぽん」と呼びますが、そのぽんぽんが動物の形に進化し「動物ぽんぽん」が登場。そこから派生し、動物の中でも「犬」に絞ったものを「犬ぽんぽん」と呼び新たに登場しました。通販サイトのAmazonでもこのようにぽんぽんの本が取り扱われており比較的気軽に始めることのできるこのハンドメイド作品ですが、毛糸の柔らかさがなんだか柴犬のモフモフ具合に近くて、とってもリアルな雰囲気に仕上がることが特徴です!

 

早速作品を見てまいりましょう

こちらの柴犬は柴三郎くん。オーナーであるお父さんは、趣味としてぽんぽん作りを楽しんでいるそうですが、見てくださいこのクオリティ!柴三郎くんにそっくりですね。モデルが目の前にいるおかげで、余計に作りやすいのかもしれませんね。そしてリードや肉球部分もとってもカワイイ。お父さんはこのぽんぽん作りにハマってしまったのか、たくさん作って鞄につけたり、お友だちに配ったりして小さい柴三郎くんをどんどん増殖しているようです。

しかし、作ってみようと思い立ち、本と道具だけを一通り揃えてなかなか始めの一歩を踏み出せない…という人が多い中、これだけたくさん作り続けるのはすごいですよね。しかもクオリティが高いのだからなおスゴイ!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴三郎&かっつんさん(@shibainu_shibasaburo)がシェアした投稿 -

 

作家さんの作品はコチラ!

ぽんぽんでさまざまな動物を作っていらっしゃる作家さんの作品をご紹介。今回は、お友だちに頼まれてこちらのぽんぽんを製作されました。「家族それぞれで持ちたいから」という理由でこの通りたくさんオーダーされたそうです。全身タイプと顔だけのタイプ、どちらも可愛くてもう両方欲しくなってしまいますね。

このぽんぽんさえあれば、愛柴といつも一緒にいる気分になれそうです!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@chocomaru1105がシェアした投稿 -

 

毛糸の色でバリエーションが広がる!

ぽんぽんは、毛糸の色を変えると様々なバリエーションの製作が可能ですので、愛柴の色に合わせたぽんぽんを作ることができます。こちらの作家さんはもともと布小物の作家さんのようですが、ぽんぽんもこのように上手に作られます。普段から趣味で布や毛糸に親しんでいる方にとっては、もしかしたらそんなにハードルが高いものでもないのかもしれませんね。そのような趣味をお持ちの方は、トライしてみてはいかがでしょうか?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

atelier*Eさん(@puku_maru2)がシェアした投稿 -

 

 

とってもリアルな仕上がりの柴犬ぽんぽんを特集してお届けしました。気になっていたけれど、一歩踏み出せなかったんだよね…という方は、この冬休みをきっかけにぜひ始めてみてはいかがでしょうか?新たな趣味が開花するかもしれませんよ!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

好きすぎて作りたい!赤毛柴犬の手作りキット3選

 

紹介されたアイテム

  • 犬ぽんぽん:毛糸を巻いてつくる表情ゆたかな動物

    犬ぽんぽん:毛糸を巻いてつくる表情ゆたかな動物

    サイトを見る
    • amazon

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事