2019年1月16日5,734 ビュー View

【ストーブ番長降臨】柴犬たちによる著しいマイストーブ化問題について

大寒を前に、一年で一番冷え込むこの時期は朝晩の寒さもますます厳しくなり、ストーブのありがたみを感じる日々ですよね。柴犬たちもせっせと「ストー部」活動に励んでいるということは以前もご紹介しましたが、しかし、その部員の中にはどうやら我が物顔でストーブの番を張っているという柴犬もいるとかいないとか…。そんなストーブの「ベスポジ」を陣取る…人、いや犬影の真実に迫ります!

この記事のタイトルとURLをコピー

体内時計を「ストーブ」に合わせている柴犬

こちらのお宅のオーナーは、起きたらお部屋が暖まっているよう、ストーブのタイマーを起床時間の30分前にセットして眠りにつきました。そして翌朝、リビングの電気をパチッとつけたらそこには衝撃の光景が…。なんと、ストーブの前にすでに愛柴豆ちゃんがベスポジを陣取り暖まっていたのです。え…もしかしてストーブのタイマーに合わせて起きていたの…?暗闇の中で…?これにはオーナーも驚きました。

そんな豆ちゃんはというと、さすがに誰もこないと油断していたのでしょう。ちょっと気の抜けた座り方でくつろいでいるところを目撃されて若干気まずそう。「ストーブがちゃんと点くか確認してあげていたんだよ。」そんな豆ちゃんの主張が不思議と聞こえてくるようです。

 

ベスポジ死守のため…手段は選ばない柴犬

ストーブの前で暖まっている柴犬ハナちゃんのところに、自分も暖まりたいと思った猫のクロちゃんがやってきました。クロちゃんはその小柄な体型を生かしてハナちゃんとストーブの間にカットイン。そこでハナちゃんが取った行動がなんともいじらしいのです。

クロちゃんもストーブに暖まりたいということを察知したハナちゃん。しかしこのポジションを譲ることはできない…というよりむしろ独り占めしたい…そんな感情からか、実にさりげなく体勢を変える「フリ」をしてクロちゃんを背中で場外へ押し出しました。ま、まじか…と目を疑うほど、実にさりげない追い出し作戦。そして押されたクロちゃんはあえなくストーブ前から退散しました。

ハナちゃんなかなかやるなぁ。でもその「フリ」、わざとだってバレてると思うよ〜。

 

自慢のダブルコートを忘れた柴犬たち

そもそも柴犬は厳しい冬に対応できるように、立派なダブルコート(二重構造)の被毛を持つ犬種なのですが「寒いものは寒い」、そんな主張をしているかのような柴犬たちを引き続きご覧あれ。

 

赤く染まったモフモフ

こちらの柴犬も、モッフモフの毛皮を持ちながらもストーブを独り占め中。顔を赤く照らすほど近くに寄って暖まっています。ストーブを見つめる瞳も真剣そのもの。むしろ「誰も近づくなよ…」とあえて殺気立てているかのようにも見えてきます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Akiko Takezawaさん(@atakezawa)がシェアした投稿 -

 

どの子も真剣そのもの

オーナーも「ポメラニアンかな?」と添えてしまうほどにモッフモフなこちらの白柴。うらやましいほどに暖かそうなモフモフをお持ちのようですが、やはりこちらもしっかりストーブの番をしています。そして同じくかなり真剣な眼差し。相当の覚悟(退かない)を持ってその場に鎮座しているようです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kanaさん(@enkana0929)がシェアした投稿 -

 

 

番長グループには敵わない

多頭飼いだったらこの景色になるのもうなずけます。こちらは柴犬の親子なのですが、家族揃ってストーブ前に大集合。モフモフが3頭も集まったらすでに暖かそうなものだけど…。

そして、1頭でも退かない柴犬が3頭になったらもはやそのストーブは柴犬たちのもの。これにはもう「ご自由にどうぞ…」と差し出すほかないでしょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

jam.time.mucchiさん(@jam.thyme.mucchi)がシェアした投稿 -

 

柴犬たちのストーブ番長化は著しく、そしてまだしばらく続きそうな予感がプンプンでした。柴犬のみなさん、番を張るのはいいけれど、くれぐれも火傷などしないようにお気をつけくださいよ!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

本格的な寒さ!活発化した柴犬ストー部員たちの活動に迫る

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事