2018年12月30日8,242 ビュー View

ご飯が嬉しすぎて秒で完食しちゃう柴犬たち〜NO FOOD NO LIFE〜

よく噛んで、ゆっくり食べたほうが身体に良いことはわかっているけれど、ついつい早食いしてしまう!というのは人間でも多いですよね。それが犬だったらさらにスピードを抑えることは難しいことでしょう。だって、今日もご飯が美味しいんだもの!そこにご飯がある以上、食べないわけにはいかないのです!

柴犬,早食い

Model:@mokkorikenta(Instagram)

早食いボーイの煩悩「ボクのはもうないのに、隣はまだある…」

こちらの動画に登場するのは、赤柴の小次郎くんと黒柴の武蔵くん。その毛色も去ることながら、大きく違うのは彼らの「食」への向かい方。小次郎くんは食欲旺盛で、自分の分はいつもあっという間に完食してしまいますが、武蔵くんはカリカリとゆっくり遅食いタイプ。

そんな2頭は、この日一緒にお食事中。ですがそのスピードの違いから、小次郎くんが食べ終わるタイミングでは武蔵くんはまだまだお食事中。そのせいで小次郎くんは隣の食事が気になって仕方がありません。「ひとくちくれないかなぁ…」ととりあえず羨望の眼差しを送ってみますが、眼差しではこと足りないと思ったのか武蔵くんの周りをウロウロ。しかし!横取りすることなくちゃんと武蔵くんが食べ終わるのを待つことができたのです。小次郎くん、エラかったね!と思ったのもつかの間、すかさず食べ残しをチェック。しかし残念ながら一粒も残っていなかったようで…気持ちのやり場をなくした小次郎くんはついに憤慨し、なぜか武蔵くんのお皿を強奪しておセンチな旅に出るのでした。

 

とまぁ、バクバク早食いな小次郎くんも、モグモグと遅食いな武蔵君もどちらの個性もかわいいのですけどね!

 

もはや倍速かと錯覚するレベル

ご飯の時間だとわかり、すでに待ちきれない様子のコテツくん。パピーの食事は、成犬にも負けず劣らず猛烈な早さで、そしてその必死さもポイント。ケージの中でパタパタとはしゃいでいる様子がかわいらしいですね。

そしていざお食事開始!頭を一生懸命動かして必死にご飯を食べています。まるで倍速再生かのようなこのスピード感!あっという間に完食したコテツくんは、まだ名残惜しいのか丁寧にお皿をペロペロ。最後はケージからお鼻を出して「もっとちょうだい!」のおねだり顔。もうかわいすぎてうっかりあげちゃいそう。しかしこの早食いの様子を見ると、大きく育つことが想像できますね!

 

深刻な早食いさんには防止皿の活用を!

しかしながら、早食いはやっぱり体に負担があるため、そのことが原因で食後に吐いてしまうというケースも中にはあります。

こちらの柴犬禅ちゃんのオーナーもそのことに頭を悩ませていたそうですが、お皿を早食い防止用のものに変えてみたところ、効果があったとのこと!

ご存知、この早食い防止皿は中に突起があることで食べづらくなり、食事スピードが抑えらます。実際に禅ちゃんのお食事風景を見てみても、よく噛んで食べているように見えますよね。

このお皿に変えてからは食後の嘔吐がなくなったみたいですので、効果があったのかもしれません!本当に良かった。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬の禅さん(@zenchan1105)がシェアした投稿 -

 

愛柴がなぜか食欲がない…となるとオーナーも心配になってしまいますので、それよりは食欲旺盛でガツガツと食べてくれた方が…と思ったりもしますが、早食いは胃への負担が大きく、胃捻転のリスクも高まったりと危険もたくさん。みなさんすでにされているとは思いますが、ご飯を小分けにしてみたり、禅ちゃんのように早食い防止皿を試してみたり、愛柴に合った対策を取ってあげてくださいね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

素直すぎか!同居猫のご馳走に熱視線を送る柴犬もも〜ひとくちでいいから2018〜

 

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事