2019年1月19日6,051 ビュー View

離れて暮らす「実家の柴犬」に思いを馳せる

普段は会えない実家の柴犬。大型連休や年末年始にしか会えないという人は多くいるでしょう。そんなとき、久しぶりの再会はもうたまらない喜びを感じますよね。帰宅を察知した柴犬たちはちぎれんばかりにしっぽを振り、ヒコーキ耳でキュンともワンとも違う、とても懐っこい声でお迎えをしてくれます。今回は、そんなたまにしか会えない「実家の柴犬」に注目。一緒に幸せな時間を過ごした方々の投稿を覗いてみました。

愛おしい「実家の柴犬」という存在

おもちゃのお土産付き

まずはこちらのポストから。帰省することが決まったこちらの投稿者さんは、実家の柴犬におもちゃのお土産を買って行こうと決めたようです。そして、そのおもちゃをあげたときの様子がこちら。見ての通りとっても気に入ってくれたようで、すぐにでも「遊ぼう!」と言っているような表情です。気に入ってくれてよかったですね!そのままたっぷり遊んであげましょう!

でもきっと、会えただけでも喜んでくれていると思いますよ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コタロウ🐶さん(@kotarou0713)がシェアした投稿 -

 

エンジンの音だけで喜び爆発!

離れて暮らす投稿者さんが、車で帰ってきたことを察知したこちらの柴犬。そのことに気づいた瞬間、駐車場に車を停める段階で柴犬のテンションはMAXに!まだその姿が見えていないのにもかかわらず、家の中から雄叫びをあげていたようです。もうこのエピソードだけで胸が熱くなっちゃいますね!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yukikoさん(@moja.mama.4655)がシェアした投稿 -

 

一緒にお散歩に行ける喜び

こちらの投稿者さんは、実家に帰省し柴犬と雪んぽを楽しんでいます。普段は離れて過ごしている分、一緒にお散歩に行けることは会えた喜びを噛み締められる瞬間でもありますね。そんな柴犬の方もワクワクしているのか、先へ先へとずんずん進んでいることが伝わります。このとき、柴犬のことを後ろから見つめながらつい「離れている間も、元気で過ごしていてくれてありがとうね」と、その存在に対してついしみじみと考えちゃうことってありませんか?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

しょこしょこさん(@kamenodaibouken)がシェアした投稿 -

 

「普段の姿」を見れるだけでも満足

一緒に遊んだり、お散歩に行けることはご褒美のような喜びがありますが、このように普段の柴犬の存在を感じられることだけでも幸せを感じることができます。いつもの場所で、柴犬が日向ぼっこをしている。一緒に住んでいた頃はあえて意識しなかったであろう何気ない瞬間でも、離れて暮らすだけで、一瞬一瞬がとてもと尊く感じられるものです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

イルさん(@86shi)がシェアした投稿 -

 

何度でも見たい!柴犬と対面の瞬間

こちらは、実家に帰り柴犬に会うまでの数秒がポストされたもの。今まさに柴犬と対面!な瞬間です。このポストを見ていると、きっとあなたもあのときの抑えられないワクワクを思い出すでしょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hamacciさん(@hideo_hamasaki)がシェアした投稿 -

 

帰るときの寂しさ…

実家にいる柴犬に会えるときのワクワク、会えたときの感動、そして最後は離れるときの寂しさ…。これは3つでワンセット、どれも切り離せないものです。こちらのポストは、帰る前に柴犬にこの仕草をされ、つい帰りたくなくなってしまった時の様子。知ってかしらずか、帰り際に甘えてくると言うことはよくあるようで、そんな仕草は寂しさをさらに助長させますね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

リさん(@r99nk)がシェアした投稿 -

 

あなたは「実家の柴犬」と次いつ会えますか?

久しぶりに実家の柴犬と触れ合える嬉しさは大きいですが、それ以上に離れる切なさも大きいですよね。そして、たまにしか帰れない場合は久々に見るその姿に年を重ねたことを実感したりして。もちろんそのことを頭ではわかっているのですが、離れている間も同じように、むしろ人間より速いスピードで年老いてしまっている犬たちのその「生」を目の当たりにして、限りある時間を大事にしなければと感じさせられる瞬間でもあります。

そのように考えると、どんなに忙しい毎日を過ごしていたとしても、会うための予定を立て、愛しい実家の柴犬たちと少しでも一緒に過ごしてあげられる時間を作ってあげられたらと思います。

家を出ることになったその日から「なぜか」あなたと一緒に過ごせなくなった柴犬たちは、きっと寂しく思っているはずですから。だから、今この瞬間もあなたと会えることを楽しみに待っているのです。

あなたと会ったときの柴犬の反応が、その証拠ですよ。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

玄関でオーナーの帰りを待つ柴犬たちの健気な姿にキュン♡

 

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事