2019年2月4日8,288 ビュー View

【赤ちゃんが泣いちゃった!】ベビーシッター柴犬「だいふく」の出番です!

今回の主役は柴犬のだいふく。彼の家には生まれたばかりの赤ちゃんがいます。とあるこの日、ベッドで寝ていた赤ちゃんが急に泣き始めてしまいました!さあ、柴犬だいふく兄さんはこの後一体どうやって赤ちゃんを泣き止ませたのでしょうか。見事なベビーシッターぶりを、どうぞご覧ください!

赤ちゃんが泣き始めちゃった!

だいふくのおうちには、小さな赤ちゃんがいます。ベビーラックに揺られてすやすやと眠っていたのですが、どうしたのか急に声を上げて泣き始めてしまいました。「ど、どうしよう…」とちょっと困り顔のだいふく。だけど、お兄ちゃんとしてはこのままじっとしていられない!なにかしなくちゃ!

 

 

お見事な二足歩行で…

とりあえず赤ちゃんがどんな様子かを見ないとね…。というわけで、よいしょっとベビーラックに前足をかけて立ち上がるだいふく。そして、何ともお見事な二足歩行でチョコチョコと赤ちゃんの顔のほうへ移動を。そして、ぐずっていた赤ちゃんの小さな手を見つけ、ぺろぺろと優しく舐め始めました!すると…

 

 

なんと、泣きやんだ!

なんと!大きな声で泣いていた赤ちゃんが、きっちり泣きやんだではありませんか!ペロペロ舐めているだいふくのほうをじいっと見つめている赤ちゃん。少しだけ不思議そうではありますが、怖がったり驚いたりはしていないようです。むしろ、先ほどよりもやんわりとした表情になりました。手を舐めているだいふくの存在や、その感覚が不思議なのか興味が湧いているようで、再び泣きそうな気配もありません。だいふく、スゴイね!

 

 

そんなだいふくはだいふくで、どうやら好奇心で舐めているというわけでもなさそう。なぜなら、赤ちゃんが泣きやむと「よし、大丈夫かな…」という感じで足をおろし、その場を離れたのです。これは明らかに「泣き止ませるために立ち上がって、手を舐めた」ということだとわかります。

だいふくすごい!ママの代わりに赤ちゃんをあやしてくれたんだよね。なんてエライ子なのでしょう。

 

 

何とも素敵な兄弟の姿を見せていただきましたね!見ていると、だいふくはもう「自分の方がお兄ちゃんなんだ」という自覚がありそうですよね。赤ちゃんは赤ちゃんで「泣いたら助けてくれる存在が居る」ということを徐々に覚えていくことでしょう。そんなふたりの様子は、今後もとても楽しみになりますね!そして、この関係を続けていたらだいふくの二足歩行もどんどん上手になるかも。(笑)

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

子守ならまかせて!面倒見が良くて可愛い「お母さん柴犬」たち♡

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事