2019年2月12日5,329 ビュー View

高いところが大好きな柴犬たち!〜ヒヤヒヤなオーナーの心、柴犬は知らず〜

柴犬と散歩をしていると、塀の上などの高いところにサッと登ってしまうことってありませんか?見晴らしが良いのか、もしくは位が高くなったような気分を味わえるのかその心は定かではありませんが、「高さポイント」に出くわすとすぐに飛び乗ってしまうことが多くあります。その姿にヒヤヒヤしているこちらの気も知らずに…。ということで、高いところに登りまくっている彼らの様子を見てみましょう。

石登りが趣味のジョシーバクライマー!

石登りが好きらしい、こちらの柴犬はすみれちゃん。この日も公園にある岩にいつものようにヒョイヒョイと登ります。その動きの軽やかなこと!長年培ったクライミングテクニックなのでしょう。
そして登り終わると、まずはオーナーに向けてわかりやすいドヤ顔を発射。その後は不安定そうなその岩の上でスッとおすわりをしました。すっかり登り慣れている玄人感がカッコイイね!でも落ちたら危ないから早めに降りてね。

 

二度見必至!落ちないかドキドキ…

あまりにも自然な様子で佇む柴犬ですが、よく見てみると座っているのはブロック塀の上!しかもかなり細いタイプの。こういうタイプのブロック塀に登るのって、たいていはネコみたいな「軽量級」の動物だと思うのだけど…だって体がはみ出ちゃうし。そこまでして高いところから観察したいものでもあったのでしょうか?

しかし、こんな場所に柴犬がいたら通行人も二度見せずにはいられないでしょうね。

 

高所好きの極み!これは真似できないヤツ

柴犬コロちゃんは高いところが大好き。こちらの動画では堤防の上をご機嫌で歩いています。堤防といえばかなりの高さがあるし、反対側は海!落ちたことを考えると恐怖になりそうなものですが、それでもトコトコ歩いているなんてこれはかなりの高所好きですね。

オーナーのコメントに「※良い子は真似しないでね。」とありますが、真似したくてもこれは無理!

でも海風をそよそよと受けて、コロちゃんはとても気持ちが良さそうですね。とりあえずオーナーさんは、普段より強めにリードを握りしめていてください!

 

いつの間にか高いところにいたパターン

同じブロック塀であっても、坂道など、場所によって高さが変わる塀ってありますよね。こちらの柴犬もブロック塀の上を歩いていたら、いつの間にか高いところにいたようです。「あれ、どうしてこんなところにいるの?」と本犬も自分の置かれた状況に気がついて、やや困惑の表情。でも塀をさらに進めば、今度は逆に低くなっていく作りのようですのでそのまま歩いて行けば大丈夫!ということで、無事に平らなところに降りることができてよかったね。

これからも、このように急に訪れる「高いところの落とし穴」には注意してね。

 

大喜びで階段を登るも…反省中

見るからにウキウキと階段を登っていく、パピーのこてつくん。オーナーの静止の声もなんのその。それもそのはず、階段を登れるようになったばかりで楽しくて仕方がないのです!

しかし、当時のこてつくんは登る専門。階段を登りきると、毎回毎回「抱っこして降ろして…」と鳴くそうですよ。最高にかわいいですね!でもしょっちゅうだとオーナーも困っちゃうかも。それでもやっぱり危ないからお迎えに行ってしまうのでしょうけどね。

 

みんな、高いところにいると妙に得意げな顔になっているところがかわいかったですね。彼らの身体能力を持ってすればなんてことないのかもしれませんが、オーナー的にはやっぱりヒヤヒヤもの。どうか、足元だけは気をつけて欲しいものです。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【ゴキゲン大放出中!】お外遊びが大好きな柴犬たちのわんぱくモードが可愛い!

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事