2019年2月23日3,816 ビュー View

やんちゃ可愛い柴犬ハル〜モスクワでのわんぱくライフ〜

今回ご紹介するのは、ロシアに住む柴犬の「ハル」。数々のポストを見ていると、とっても元気でやんちゃな性格が垣間見えます。その様子はまるで我々が思う「柴犬」本来の姿のよう。今回は、ハルを通して改めて柴犬の魅力に迫ります。

この記事のタイトルとURLをコピー

やんちゃ者で可愛い!柴犬の「ハル」

今回ご紹介するのは、思い描く柴犬の元気さを地で行くような、まさに「これぞ柴犬!」といいたくなるような元気でやんちゃな柴犬のハル。そんな彼女は、遠くロシア・モスクワに住んでいます。

 

こちらがハルです。木の枝で遊んでいるようですが、なんと「生えてる木の枝」で遊んでいるのです!早速やんちゃ感全開!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EGAO NO HARU 🍣 笑顔の春さん(@sunrise.haru)がシェアした投稿 -

 

この日も、お散歩中にロープの柵をハムッと大口で噛んでいるハル。きっと目に映るものは何でもおもちゃになってしまうのでしょうね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EGAO NO HARU 🍣 笑顔の春さん(@sunrise.haru)がシェアした投稿 -

 

ロシアといえば雪!

ロシアと聞けば、やっぱりこの時期とっても寒いであろうことは想像に容易いですが、そんなハルのお家があるモスクワも一面の雪景色。「ヒャッホー!」なんて言葉が聞こえてきそうなほどのテンションで、雪しぶきをあげながらピョンピョン走りまわっています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EGAO NO HARU 🍣 笑顔の春さん(@sunrise.haru)がシェアした投稿 -

 

お家でもやんちゃ者!

「私、ネズミつかまえました。キリッ。」とばかりに腕をピンと伸ばしてアピールするハル。そうかそうか、ありがとうね!と褒めてあげたくなるようなこのドヤ感が可愛いですね。

2枚目の「やったった顔」もまたお見逃しなく。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EGAO NO HARU 🍣 笑顔の春さん(@sunrise.haru)がシェアした投稿 -

 

なんでもすぐに手が出ちゃう

目に映るものはなんでもおもちゃ…と申したように、まさかの「テレビゲームの世界」にもそのやんちゃを発揮してしまいました。なんと、ゲームの中の主人公に自らの手で「張り手」をかまし、グラグラとテレビを揺らしてしまったのです。オーナーはとっさにテレビを支えますが、これにはきっと驚いたことでしょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EGAO NO HARU 🍣 笑顔の春さん(@sunrise.haru)がシェアした投稿 -

 

パピーの頃のハルも可愛い!

ママと一緒に

こちらは、手前がハル…と言いたいくらいにそっくりなハルのママとの親子ショット。この時ハルはまだ生後二ヶ月でまさに生まれたてのほやほや!ウィンクなんかしちゃって、表情もたまらないですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EGAO NO HARU 🍣 笑顔の春さん(@sunrise.haru)がシェアした投稿 -

 

すでにやんちゃ感漂う!

ピンク色の肉球とは裏腹に、この頃からすでにやんちゃ者を予感させるポーズで写るハル。ゴロンと転がり、怖いもの無しのご様子。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EGAO NO HARU 🍣 笑顔の春さん(@sunrise.haru)がシェアした投稿 -

 

鏡に映った自分

ちょうだいの姿勢でヨロヨロしながらも、「これは一体誰?」とばかりに鏡に向かってカリカリするパピーのハル。この仕草、もうとっても可愛いですね!そしてパピーならではのヨタヨタ感もまた愛おしいです。

結局最後はコロンと転がってしまい、まさに可愛さの宝石箱のような動画です!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EGAO NO HARU 🍣 笑顔の春さん(@sunrise.haru)がシェアした投稿 -

 

こちらはつい先日のハル。なんと、大きくなった今も同じ仕草をしていたのです。そのことがなんだか愛おしくて、胸がキュンとしちゃいますね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EGAO NO HARU 🍣 笑顔の春さん(@sunrise.haru)がシェアした投稿 -

 

モスクワでも「拒否犬」

さすが、絵に描いたような柴犬のハルですから、もちろんやっています「拒否犬」。可愛いお顔がぎゅっと寄せ集まってしまいましたね。2枚目のお顔はもはや「ハル?」と疑いたくなるほど不服そうなので、ぜひご覧ください。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EGAO NO HARU 🍣 笑顔の春さん(@sunrise.haru)がシェアした投稿 -

 

 

思い描くその存在を地でいくような、なんとも柴犬らしい柴犬のハルをご紹介しました。

住んでいる国さえ違いますが、まさに我々が思い浮かべる、どこか「本来の柴犬」を感じられるような性格の持ち主でしたね。これからもその元気でやんちゃなハルでいてほしいものです。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬おこめのオシャレな生活〜オーストラリア・メルボルンでの毎日〜

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事