2019年4月10日4,899 ビュー View

”きつねタイプ”の柴犬たちは雰囲気までもがカッコイイ♡

海外で柴犬を飼っているオーナーさんから、こんな話を聞いたことがあります。「うちの子、初めて会う人に”きつね”によく間違われるんだよね」というお話を。確かに、柴犬はシュッとした輪郭の「きつねタイプ」と、丸くてコロッとした「たぬきタイプ」に分かれるため、その子はきっときつねタイプでそのように見えたのかもしれませんね。

ということで、今回はそんなきつねタイプの柴犬を特集。雰囲気までもがシュッとした、カッコ良い彼らをご覧ください!

モデルのような美しさ

まさに「これぞきつねタイプ!」と言いたくなるよな、モデルのような美しさのこちらの柴犬。おしゃれにバンダナを付け、さらに首には角度をつけてまるで本当に撮影スタジオで撮られたかのような1枚ですね。

このように、きつねタイプは何と言ってもこのシュッとした美しさが魅力でしょう。その瞳からは知的な雰囲気も漂います。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

bagelさん(@bageltheshibe)がシェアした投稿 -

 

後ろ姿もまた、きつねのよう

こちらは、椅子の上でくつろいでいる柴犬。革製の椅子なのか、そのたわみの具合で偶然にもきつねの体のラインにそっくり。ふわっと垂れたしっぽを見ても、全体的にかなりきつね感が高いようですね。最後の写真ではカメラに向かって振り返りますが、まさにその姿のまま雪景色の中に佇んでいてもおかしくないようにさえ思います。

しかし、その顔つきのせいか、不思議ときつねタイプの柴犬たちはどの子もみんなスマートな雰囲気が漂いますね。そんなところもこのタイプの魅力の一つです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

❔さん(@pearl086z)がシェアした投稿 -

 

子ぎつねじゃないですよ!

温かな日差しの中でぐっすりと眠っているパピー。まぶたを閉じている様子がちょうど吊り上がった細い目に見えて、まるで子ぎつねのように見えてきますね。確かに、パピーが少しずつ大きくなっていく過程で徐々にお耳もピンとたち、マズルも長くなっていくその”成犬への成長途中”である時期は、特にどの子もきつねのような外見に見えるかもしれませんね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Björn 🐻さん(@bjorn_the_shiba)がシェアした投稿 -

 

もちろん”可愛い”が溢れる表情も

きつねタイプの柴犬は、このようにカッコイイ、美しい、知的そうなどとイメージされることが多いのですが、そので中ももちろん、可愛くてお茶目な一面だってみせてくれます。

この日、前足を内側に折りたたんで”香箱座り”をしていたこちらの柴犬。そんな様子が可愛くてシャッターを切ったオーナーさんでしたが、なんと瞬間的に上目遣いになってしまいました。この表情、とっても可愛いですね! 普段はあまり見えない白目がくっきり現れて、ちょっぴりあどけないような表情になっています。カッコイイタイプの彼らの「可愛い!」なギャップは、もうたまらないですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

豆柴 ぽんずさん(@ponz1004)がシェアした投稿 -

 

今回は、知的でクールビューティーなイメージの「きつねタイプ」の柴犬たちを特集しました。とはいえ、性格はもちろん普段通りの柴犬ですから、マイペースなこともあれば、甘える時だってあります。そんな、見かけのイメージと少し違うことをされた時…我々はがっつりと彼らの虜になってしまうのですよね。

 

また後日、お次は「たぬきタイプ」も紹介したいと思いますのでどうぞお楽しみに!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

見返り美人の柴犬にゾッコン

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事