2019年4月9日6,252 ビュー View

「さてと…」柴犬たちの“モフ”が抜け落ちるためのアップを始めたようです!

桜の開花とともにいよいよ本格化した柴犬たちの換毛期。もちろん個体差はあるので「アップどころか、もう換毛期フェスティバルだよ!」なんてオーナーさんも中にはいるでしょう。しかし、そんなオーナーさんには恐縮ながらモフが抜け落ちる前の柴犬たちのモフモフ…いやボッフボフな姿は、見ている方からしたらもうカワイイそのもの。ということで今回は、期間限定でボフボフになってしまった柴犬たちの様子を、換毛期のその辛さに触れつつ特集しちゃいます。早速ご覧ください!

この記事のタイトルとURLをコピー

今が一年で一番! ボフボフしちゃった柴犬たち

感謝を込めて。

見るからにもう抜ける直前かのような様子の、たわわなモフを携えているこちらの柴犬。目を閉じているその表情からはなんだか崇高な雰囲気が漂い、まるで抜け落ちるモフへ越冬の感謝を込めてお祈りでもしているかのように見えてきます。もちろん、今年の冬を元気に過ごせたのもモフの存在あってのこと。本当にそうしていたのだとしても、何らおかしいことではないでしょう。まぁちょっと大げさですけれど。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬けい太さん(@ketanpo)がシェアした投稿 -

 

穴が空いたことは秘密

こちらは先ほどと同じ柴犬です。そんな彼の様子を見かねたのか、オーナーはついついちょっとだけ手を出してしまったようです。わかりますよ、一気に綺麗にしてあげるほどの元気はないけれど、ちょっと気になって摘んでしまうのですよね。しかしそれは換毛期の柴犬にとってはご法度…その結果がこちらです。ご覧の通り、頭の上に見事にぽっかりと穴が空いてしまいました。そんな事とも知らずにむしゃむしゃお食事中の柴犬…若干不憫なようにも感じますが、こちらからしたらとてつもなく可愛いというこの状況。

こっそり楽しんじゃってゴメンね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬けい太さん(@ketanpo)がシェアした投稿 -

 

モコモコ=ウズウズ

もはや、見ていると“抜きたい欲”がウズウズしてきてしまいそうなこちらの柴犬。このモフたちはもう、スタート地点に立って、合図のピストル音を待っているだけ…といった状況でしょうね。と言いつつも、実はこちらは今お風呂上がりなのだとか。綺麗にしてもらった後でもこのような状況なのです。

そう、抜いても抜いてもキリがないということで有名な柴犬たちの換毛期。この様子を見る限り、このウズウズ心はまだしばらく続きそうです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mocoさん(@mocomoco18)がシェアした投稿 -

 

やめれ!

こちらのオーナーは、ワシッワシッと引っ張ってモフを処理している最中です。オーナーとしてはもう恒例行事なので、その行為の最中はもしかしたら無意識に近いのかもしれません。と、その様子を見ていた柴犬は結構激しめに、その手に「ガブッ」と甘噛みを。まるで「もっと丁寧にやってよ〜」なんて言っていたのかもしれませんね。しかし、絶賛抜いている最中に甘噛みをしてしまったため、除去した自分の分身がお口に入ってしまうというアクシデントが。「あう…」とばかりに手で払いのけるその仕草がまた可愛いこと。なんだか微笑ましくも見えるこのオーナーと柴犬の戦いも、換毛期が終わるまでは続くでしょうね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mei'sさん(@mei_samson_moe)がシェアした投稿 -

 

換毛期オーナーあるある

ここからは、ちょっとだけ換毛期あるあるをご紹介したいと思います。

 

ガシガシ抜き

こちら、オーナーであれば一度はやったことがあるでしょう…見たまま「頭部のガシガシ抜き」とでも名付けましょうか。散歩終わりなど、愛柴が疲れていそうなタイミングを狙って「ガシッガシッ」と連続で抜いてしまうものです。特に抜ける量が多い部位のせいか、これがまた無限に抜けるという嬉しくも悲しくもあるもの。まるでもう一頭愛柴が出来上がるほどに抜けるのです。だからちょっと抜いたところで全く終わらないのですが……ついやってしまうのですよね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハチ太郎さん(@hachitailang6800)がシェアした投稿 -

 

一掻きで”こんもり”

換毛期は毎年の行事ですから、ブラシを用意し、何の気なしにいざ処理をしてみると毎回その量に驚いてしまうのもオーナーあるある。「うほっ」と声が漏れてしまうほどに、ブラシ一掻きでわさっと抜けるのです。そして、こちらのオーナーさんのハッシュタグにもあるように、この時期は“黒い服”とはしばしお別れ。その抜けたモフたちが洋服のデザインの一部になってしまいますからね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

k.n.g.m.mさん(@maami.okawa)がシェアした投稿 -

 

抜けモフとの戦い、頑張りましょう!

気候が穏やかになっていくことを喜ぶと同時に、愛柴のモフがスッ…と抜けてドキドキしていたオーナーさん、その心とモフ処理の準備はもう整っていますでしょうか。ボフボフな姿はかわいいもので、今だけのその姿に会えることに風情なんかを感じつつ、かわいいかわいい愛柴の分身とのお別れの儀式(しばらく続くけど)を、コミュニケーションの一環として、一緒に楽しむようにして乗り越えてくださいね!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@koharu.jpがシェアした投稿 -

 

 

「オーナー泣かせ」と言われる柴犬の換毛期について特集しました。ボフボフな姿は見ている方からしたらとってもかわいいものですが、いつもかわいい姿を楽しませてもらっているその裏には、オーナーさんのたゆまぬ努力があるということを忘れないように、「見る柴」でお楽しみのみなさんはぜひ心の中で応援しましょう!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【換毛期上等!?】柴犬抜け毛アート〜リーゼント編〜

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事