2019年5月6日3,551 ビュー View

【柴神様降臨…?】柴犬たちが何やら悟りを開いた(ような)面持ちですぞ!

柴犬たちがポカポカ陽気に誘われて、窓辺やふかふかなお布団の上でお昼寝をしているという光景はこの時期定番の風景ですよね。そんな柴犬たちの様子を微笑ましく見ていると、なぜだかあたりに漂う神々しい雰囲気。それはまるで悟りを開いたかのように、ちょっとだけ崇高な雰囲気が漂うのです。ということで、今回はそんな”悟りを開いちゃってる系”の柴犬の様子を見ていきましょう。その時彼らに一体何が起きていたのか…。

この記事のタイトルとURLをコピー

春の日差しに…感謝するのです…。

窓から降り注ぐ太陽の光を目一杯に感じ取っているようなこちらの柴犬。目を閉じてじんわり感じる温かみを身体中に染み渡らせているような、心地のよさそうな表情に見えますね。……なんて、柴犬自身はただただ「眩しい〜」くらいにしか思っていないのでしょうが、それでも暖かい光に向かって顔を上げるている様子は、なんだか太陽に感謝をしているような…まるで悟りを開いたかのような神々しさがあります。

ふわふわの被毛には今、きっと穏やかな温もりが広がっていることでしょう。2枚目ではその温もりを感じ切ったようで、ついにはスヤスヤ眠ってしまいました。

悟りきった行く末は睡眠だったのか…。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CHI-BA+KUNさん(@beluga1008)がシェアした投稿 -

 

全身で陽の光を浴びるのです…。

こちらの柴犬もまた、太陽の光をまっすぐに受けて温もりを感じ取っているようです……と言いたいところですが、玄関を開けた瞬間、日差しが眩しくていつの間にか日向ぼっこ状態になっていただけのことだったとか。柴犬のクリッとした丸い目も、この時ばかりは眩しくて細長くなってしまったようですね。

実はこの時、出張に出かけたオーナーパパさんを待っていたようで、「こんなに眩しいと、パパの帰りが見づらいんだけど…」なんてブツブツと心で思っていたかもしれませんね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@reno_kunがシェアした投稿 -

 

少し上向き加減で、何を悟るか…。

こちらの柴犬は、太陽を浴びているわけでもなく光があるわけでもなく、目を細めて上向き加減。まさに何かの悟りを開いたかのような様子に見えるのですが、こちらはというと……背中に掛けられたお布団がぬくぬくして気持ちが良くって、ついこんな表情になってしまったのですって。だから単にウトウトしちゃっていただけなんですって…。

やっぱりなかなか悟りは開かないかぁ…。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬🐕のぼちゃんさん(@nobomama)がシェアした投稿 -

 

犬たちは、人間に比べると判別できる色などが少ないと言われていますが、光はやっぱり眩しいもの。しかし、そんな眩しさを感じながらも暖かい日差しの心地よさにはかえられないのでしょう。そんな風に、眩しいままにも日光浴する様子にはやっぱりなんだか悟りを開いているような神々しさがあるのです。これは、彼らが持つ性格が成せるワザなのかもしれませんね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【どうした柴犬!】何か言いたそうな表情からその心を察してみた

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事