2019年4月23日7,183 ビュー View

【魅力ぎっしり♡】やっぱり柴犬の“しっぽ”が大好きだ!

柴犬が好きでたまらないという“柴犬マニア”のみなさま、お待たせしました。今回は、彼らのパーツ特集でございます。その中でも、不動の人気を誇るあの部位…それだけでもうピンときた方も多いでしょうが、そうですソレです。我らが柴犬の“しっぽ”を特集しちゃいます。改めてじっくりみつめることで見えてくるこのしっぽの新たな魅力を、一緒に感じてみましょう!

柴犬のしっぽは魅力ぎっしり♡

このふわふわ感…

柴犬ラバーの中でも悶絶パーツとして人気の高いこのしっぽ。柴犬に限らずしっぽそのものの魅力は世間的に高いものではありますが、やはりこの、柴犬特有の”ふわふわ感”は特別ですよね。みているだけで心がウズウズしてきちゃうはずです、触りたくて。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

shibainu haruさん(@haru.shibaa)がシェアした投稿 -

 

桃尻からふわっと伸びたしっぽ

さすがは和犬の代表格。絵的には、もはやその桃尻と合わせてどこかの家紋とすら思えてきそうなもふもふしっぽです。

しかし、そんな様子を見ていると、贅沢とわかりつつも両手でモフモフとその触り心地を楽しませていただきたくなる…。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬 しんさん(@shibainu_shin)がシェアした投稿 -

 

伸びるとモフ感高まる

柴犬のしっぽは「巻き尾」と呼ばれ、通常であればクルンと丸まっている状態が多いのですが、気を抜いている時にはこのように伸びていることもあります。そのため巻かれている時よりもよりふわふわ感が強調され、この様子を拝められた時には心の中で小さく「ラッキーかよ…」なんてつぶやいてしまうのです。皆さんも、きっと同じような感情を持っていることでしょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬 しんさん(@shibainu_shin)がシェアした投稿 -

 

綺麗なふわふわドーナツ

こちらの白柴は、ぐるっと円を描いてお見事なまでにまんまるな形になっています。その様子はまるでふわふわなドーナツのよう。しっぽがドーナツ状だなんて、可愛すぎるよ!

 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

山田 大福さん(@yamadmk)がシェアした投稿 -

 

風にそよそよ…

こちらのポストは、なんと柴犬のしっぽのモフモフを撮っただけ、というしっぽマニアからしたらたまらない動画です。風に吹かれてそよそよとなびくしっぽ。それだけを見つめられるなんて、「見る柴部・しっぽマニアご担当」の皆さんからしたらきっとたまらない様子でしょう!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こむさんとまなたんさん(@komugi_komusan)がシェアした投稿 -

 

ツンツンの衝動

ご存知の通り、とっても敏感な性格を持つ柴犬たち。自宅でくつろいでいても、外の音や室内でのちょっとした異変も逃しません。

そんな柴犬たちですが、こちらの柴犬はリラックス中に何やら異変を察知しました。それは……オーナーさんからしっぽツンツン攻撃を受けてしまったから。

ツンとされてビクッとしつつもそれがオーナーさんの仕業だとわかったのか「やめて〜」と小刻みに振り払うような動きをしました。しかし、そんな動きをされたらより萌え状態になってしまうのが柴犬ラバー。ということでオーナーさんはその後も攻撃をやめません。しかしその後、カメラが向けられた柴犬の表情を見てやっとその気持ちが抑えられたはず。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

shuring-mandalaさん(@shuriiing)がシェアした投稿 -

 

感情まるごとしっぽに見え隠れ

ウキウキしながらフリフリ

みなさんご存知の通り、しっぽが揺れるときは様々な感情があります。もちろん、嬉しい時だけではなく警戒する時も揺れますし、その揺れ方次第で感情が読み取れるものです。

こちらの柴犬は、オーナーのお洋服で絶賛イタズラの真っ最中。この時のしっぽはユラッユラッと揺れていますよね。これは、ウキウキしながら楽しんでいるということ。この様子にはオーナーさんもつい「しっぽをフリフリされると、取り返すことをやめてしまう親心」と言ってしまいました。このように、そのふわふわな見た目ではなく、そして分かりやすい怒りや喜びだけではない「ささやかな感情」が見え隠れするという意味でも、しっぽはやっぱり愛おしい部位なのです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こんぺいさん(@konpei5.9)がシェアした投稿 -

 

影で見るのもまたオツですよ

見てヨシ触ってヨシな柴犬のしっぽですが、影で見るのもなかなか良いものです。

こちらの柴犬はお散歩中。影として道路にその姿が現れた様子を、オーナーさんが動画撮影しました。左右に揺れるしっぽの様子からは「ウキウキ」や「ルンルン」といった楽しそうな様子が伺え、その姿こそ見えないけれど、このように影を見ただけでも柴犬の感情を想像させる力があるようです。これはこれでなんだか新しい楽しみ方のようで、ちょっとしたアート感なんかも漂いますよね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Junko Horiuchiさん(@hori_newko)がシェアした投稿 -

 

今回のしっぽ特集、いかがでしたか?

マニア…とまではいかない方も、そして特に意識していなかったという方も、しっぽに対して新たな見かたができたのではないでしょうか。

彼らの繊細な心模様は、そのしっぽにしっかりと現れます。大きな動作だけではなく、些細な動きからも様々な感情を読み取ってあげてくださいね。どうぞ、その見た目もこっそりと楽しみながら。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【ビバしっぽ!】柴犬たちの様々なしっぽ使いに思わずニヤける

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事