2019年5月18日12,099 ビュー View

【湧き出るモフ】柴犬の「換毛期」の抜け毛のすごさをご覧ください。

柴犬オーナーのみなさん、愛柴たちの換毛状況はいかがでしょうか。峠はこえたという方も多いと思いますが、今回ご紹介するのは、そんな柴犬の「換毛期のモフ処理シーン」です。大量に抜けることで有名な彼らのこの被毛を、ボコボコと抜け始めた頃にまとめて処理した柴犬だいふくくんの、見事なまでに大量に抜け落ちる驚きのシーンをどうぞご覧ください!

モフモフがボコボコしてきました。

 

こちらが、換毛期を迎えた柴犬だいふくくん。その様子を見ると、身体中がなんだかボコボコとしているようですね。これは、冬毛が抜けはじめてきたというサイン。柴犬はよく毛が抜けるということで有名ですが、今回その様子を始めて見るという方は、もしかしたら想像の斜め上をいく量となっているかもしれません。

ちなみに、柴犬に抜け毛が多い理由は、彼らは硬い毛と柔らかい毛が二重になっている「ダブルコート」という構造を持っているためなのです。それは、暑い夏や寒い冬に対応するように、そのようなつくりになっているのですね。だから身体中の毛の半分程度が抜け落ちていると言っても過言ではないのです。

 

そんなわけで、だいふくくんも暖かくなった時期を前に、身体中の冬毛が抜ける準備が整ったようです。こうなると、皮膚を清潔に保つためにもしっかりとしたブラッシングが必要になります。問題のその抜け毛の量は、一体どのくらいのものなのか早速拝見しましょう。

だいふくくん、しばらくおとなしくしていてね。

 

ブラシにくっつく大量のモフ。

まず、見て驚くのが一度ブラシを通しただけで抜ける毛の量の多さ。こんなにまでの量が身体にくっついていたんですね。まるで湧き出る泉のように無限に溢れ出てくるため、オーナーさんも、しばし早送りの編集で対応を…。

 

ということで、あっという間にこんな「もっふもふ」の毛の塊ができてしまいました。だいふく君も「ありゃあ…」という感じで見つめていますね。これ、あなたの身体にくっついていたのですよ。さすがにこれじゃあ夏は越せないよね。

 

さらにブラッシングを続けると…

しかし、彼らの抜けモフ処理はこれだけでは終わりません…とばかりにひたすらブラッシングを続けるオーナーさん。それに応えるかのように、まだまだ抜け落ちるモフモフたち。もう、ふんわりとわたがしのような毛がどんどん溜まっていきます。

 

どうぞこの量を見てください! 確実にもう一頭柴犬が出来上がりますよね。だいふくくんも面白くなってしまったのか、毛の塊にボフッと顔を突っ込んで遊んでいます。

 

 

これでだいふくくんも、やっとアウターを脱げた感じかな。

そんな驚きの処理の様子を、どうぞご覧ください!

 

オーナーさんは、ちゃんと換毛期が終わるまでケアが大変かもしれませんが、ブラッシングを怠ると、熱がこもって熱中症になりやすくなったり、皮膚トラブルが起きやすくなったりする危険性が高まります。引き続き、日々のブラッシングを頑張ってくださいね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【お役立ち】柴犬の”モフ処理”には、こんな場所がオススメです!

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事