2019年6月29日5,390 ビュー View

【う そ だ ろ】柴犬たちも麻雀を嗜む時代が、もうきていたらしい。

大人の嗜みのひとつとしても知られる麻雀。そんな麻雀をすることを仕事とされているプロ雀士も世界各国にいらっしゃいますよね。麻雀は4人で卓を囲んで行うゲームですが、もしそのプレイヤーの中に柴犬が混ざっていたら? 今回は、人間たちに混ざって麻雀を打っている(ように見える)柴犬たちを集めました。最近では”脳活”に良いと言われるほど頭を使う麻雀ですが、さすが賢い柴犬、その頭の良さを使ってついにこんなところまできていたようです…。

しめしめ、これなら勝てるぞ…

きっちり椅子に座って並べられた麻雀牌に手を置くフリンくん。とっても嬉しそうな表情で自分の牌の並びを見ています。良い役が来たのでしょうか? その表情から「これなら勝てるぞ!」なんてちょっと含み笑いをしているように見えてしまいます。もちろんフリンくん自身は牌の役の意味なんてわかっていないでしょうが、この表情と打ち姿は、もはや本物の雀士のよう。この柴、デキるぞ…! 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

flynntheshibaさん(@flynntheshiba)がシェアした投稿 -

 

つも。僕の勝ちだ〜! 

こちらも嬉しそうに麻雀を打つコベちゃん。まだまだ小さなコベちゃんには雀卓が少し高いようで、正面の席からは顔と小さなお手々しか見えていませんね。雀卓の下ではどのような姿勢になっているのかちょっと気になるお写真です。

しかし腕前は本物のようで、そのお顔はもはや「勝った…」と言わんばかりのニコニコ顔。とっても可愛い顔した強敵がここに…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@shiba.kobe666がシェアした投稿 -

 

え〜! 勝手に出てきた〜! 

最後は動画でご覧ください。自動で麻雀牌を混ぜて綺麗に並べてくれる全自動機械式の麻雀卓に柴犬ごまめちゃんはわかりやすく興味津々。体こそきっちり椅子に座ってはいるものの、自分の前に「ニョキッ」と現れた麻雀牌に鼻を近づけてわかりやすくキョロキョロしています。目で見ずに指先の感覚だけで牌を識別する「盲牌」というテクニックがありますが、オーナーさんいわくごまめちゃんは、なんとその「匂牌」をマスターしているのだとか。匂いでどの牌かわかるなんて、さすがです…って、ということは、この動きは素人を装っていただけだったのか!?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

豆柴ごまめさん(@gomame06)がシェアした投稿 -

 

麻雀は基本的に4人プレイのゲーム。2人、3人でも変則ルールで遊ぶことはできますが、「あと1人いれば正規ルールで遊べるのに…」と思う人もいるでしょう。では、そこに1頭の柴犬がいたら? 案外すんなりルールを覚えて参加してくれるかもしれませんよ…なんていうのは冗談ですが、雀卓に座る柴犬は何故か違和感なく、そして彼らの”賢い部分”が引き立っていたように見えたのだから、柴犬とはやはり不思議な存在です。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「それ、人間がやるヤツ!」とつい突っ込みたくなるような柴犬の仕草4選

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事