2019年6月17日9,812 ビュー View

【レア度高!】最高にカワイイ毛色の柴犬「胡麻柴」を知ってる?

柴犬といえば、多くの方が思い浮かべるのはやはりメジャーな赤柴でしょう。多い順で言えば黒柴・白柴と続きますが、それらの毛色に比べるとあまり知られてはいない「胡麻柴」と呼ばれる珍しい毛色を持つ子もいるのです。初めて聞くという方はその魅力を、もちろん知っているという方も改めてその様子を振り返ってみましょう!

胡麻柴=赤・黒・白の毛色が混ざっている

胡麻柴の最大の特徴はその毛色にあります。こちらのMochaちゃんは、一見赤柴のように見えますが、首の後ろ側が黒くなっているのがわかりますね。胡麻柴はこのように赤・黒・白とそれぞれの毛の色がまばらに現れることが特徴です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

胡麻柴 Shibainu ~ Mochaさん(@keroppi_ma)がシェアした投稿 -

 

赤柴、黒柴と並ぶとこんな感じ。

一番左が赤柴、真ん中に黒柴、右側にいるのが胡麻柴です。まるで赤柴と黒柴が混ざったかのようなステキな毛色だとお分かりいただけたと思います。こうして並んでみると、「みんな違って、みんないい」という言葉が自然と浮かんできますね。どの子もそれぞれの魅力があるのです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kuma Kuri Kutaさん(@kuma_kuri_kuta)がシェアした投稿 -

 

パピー期はこんな姿です!

胡麻柴のパピー期はこんな感じです。小さな頃から毛の色はまだらで、どのように色が混ざるかはかなり個体差が出るポイント。成長すると、毛の色の具合はさらに変わっていきますので、これまたどうなるのかも胡麻柴と暮らすにあたってのお楽しみのひとつ。

成長した姿と見比べてみると、「この場所の毛がこんな色になったね」と会話も弾むことでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shiba_Carrot_N_Pepper 🐶🥕🌶️さん(@carrot_n_pepper)がシェアした投稿 -

 

もちろん、家族ラブですよ。

柴犬の毛色が違うからって、その性質が変わるということはありません。柴犬の長所である「家族愛の強さ」は、このように胡麻柴にもバッチリ現れています。

そんな胡麻柴のごまくんは、弟くんと一緒にミニカーで遊んでいます。この面倒見のよさは家族愛の強い柴犬ならではですね。

ちなみにごまくんは、全体的に黒っぽい毛をしているところが特徴的ですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

胡麻柴のごまさん(@gomashibanogoma)がシェアした投稿 -

 

胡麻柴界のモフっと隊長!

胡麻柴にも、もちろんきつねタイプやたぬきタイプがあります。その中でも、かなりのモフモフを携え、ふわふわな胡麻毛を携えるのがたぬきタイプのレオンくん。どこを見てもモフモフ…というよりはモコモコという感じで、胡麻色なおかげでその毛も絶妙にふわふわな感じがしますよね。

ちなみにレオンくんのチャームポイントはこの”富士額”。ああ可愛い。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

leonさん(@leon17_hk)がシェアした投稿 -

 

一般的に、柴犬の種類は赤柴8割、黒柴1割、白柴1割とされていて、胡麻柴が生まれる確率は白柴未満だと言われています。そんな「激レアさん」な胡麻柴の生態を、ちょっぴりおわかりいただけましたでしょうか。

もし街で見かけたらそれはかなり貴重な存在ですから、とってもラッキーなのですよ!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「ふわふわモフっとロングヘア」←こんな柴犬見たことある?長毛柴犬が可愛い♡

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事