2019年7月3日2,839 ビュー View

「ぜ、全然大丈夫っっ」と言いつつハッキリ慌てている様子の柴犬が可愛い。

はしゃぐ柴犬、怒る柴犬、甘える柴犬…どんな柴犬ももちろんそれぞれのかわいさがありますが、今回ご紹介するのは「慌てる柴犬」。日常生活の中ではそれほど多く見られない、レアな柴犬の姿です。「そんな顔しても、慌ててるでしょ〜」なんて突っ込みたくなる様子をご紹介してまいります。

柴犬「えっとねー(リードがヤバイ…!)」

はしゃぎすぎてリードが絡まるというのは、柴犬ではよくありますよね。オーナーは「もう、だから落ち着いてって言ったのに〜」なんて言いつつも、彼らの慌て具合がおもしろくてとりあえず写真をパシャリ。

 

リードが体に絡んで、どうしようもなくなってしまったのは柴犬タオくん。なんとか自分で解こうと頑張っているようですが、焦れば焦るほどリードは絡まるばかり…という状況でしょうか。

「#散歩に行きたかっただけなのに…」とタグがつけられていることから、『オーナーさんを散歩に誘おうとタオくんが自分でリードを持ってきたところ、こんなことになってしまった…』という感じのようです。慌てるタオくんには悪いけれど、これはつい撮っちゃうヤツ!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Akari Matsubaraさん(@m.akatao)がシェアした投稿 -

 

特に若い柴犬だと、夢中でウロウロしていたらいつの間にかリードが何かに絡まっていた! ということはありがち。

柴犬もぐちゃんも、気がついたら立派な木にリードが絡まってしまったようです。ところが、オーナーさんに助けを求めるそのお顔は、舌を軽く出してテヘペロ。あれ、なんだかずいぶん余裕そうですね。しかしオーナーさんによると、実はこう見えて相当慌てていたのだとか。人間でも「やばい!」と思った時ほど笑ってしまうことがあるけれど、もしかしてそんな感じだったのかも。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Moguさん(@the_shiba_mogu)がシェアした投稿 -

 

「夢中になりすぎました」

やはり、「食べ物」が絡むと彼らは夢中になってしまうのです。ということでこちらの黒柴は星七(せな)くんは見ての通り、ヨーグルトの容器がすっぽりとマズルにはまっているようですが、その夢中さゆえに深く入れすぎたのか、しっかりと抜けなくなってしまって焦っていたようです。そりゃそうだよね、それが人間だってもし同じことが起きたら焦るでしょうから。夢中になるのもほどほどにしないとね〜。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

黒柴 星七さん(@kuroshibasena)がシェアした投稿 -

 

どの子も、予想以上に「こっそりと」慌てていましたね。我々からすると「慌てなくても大丈夫かと」な状況なのに取り乱している柴犬たちは、たまらなく愛おしく感じられました。そしてやっぱり、ついつい笑ってしまうのです…ごめんね、柴犬たち!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「あ〜失敗…」柴犬はなぜか"ドジっ子"なほど愛くるしい。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事