2019年7月13日13,833 ビュー View

【動画】「むむっ。ずるいぞ!」柴犬は究極の嫉妬屋さん?ジェラシー強めな行動が愛おしい

大好きな人の関心が自分以外に向けられている時、どうしてもちょっぴりジェラシーを感じることってありますよね。それとまったく同じではないにしても、柴犬も似たような感情をもっているようです。そんな彼らが嫉妬をするのは、オーナーさんに限ってではないよう。今回は、さまざまな相手に、それぞれの表現で嫉妬しちゃった様子をご紹介します。その様子にはつい「もう、可愛いんだから!」なんて言ってしまうかも!

同居猫にジェラシー!(控えめに)

軽やな足取りで現れたのは猫のムギちゃん。そしてムギちゃんの背後から、まるでこちらも猫のような忍び足で近づいてくる柴犬はハルくんです。

早速ですが、そんなハルくんの表情に注目してください。まるでムギちゃんのことを見て見ぬふりするような目の動きをしています。自分だってオーナーさんに近づきたいし撫でられたい、でもムギちゃんが居てなかなか近づけない…というもどかしさのせいでしょうか。まるで時間稼ぎのような背のびなんかもして見せます。

そしてその後、ついにハルくんもオーナーさんにヨシヨシをされる時がきました。ハルくんは「待ってました!」とばかりに大きく前に出て、頭をオーナーさんの手の中にうずめます。そのタイミングでムギちゃんはタイミングよく(?)去って行き、少し時間はかかったけれど、最後はオーナーさんを独り占めできて大満足のハルくんなのでした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬Haluさん(@halu4809)がシェアした投稿 -

 

オーナーさんの奪い合いで激闘!

柴犬のキャンディくんは、もうわかりやすく怒っているようです。歯をむき出して、一体何があったのかな? その様子を探ってみると……『キャンディくんとトイプードルのミントくんが遊んでいたとき、キャンディくんの勢いにおされてミントくんがオーナーに助けを求めて抱っこしてもらった。その姿を見てキャンディくんのジェラシースイッチが入ってしまた…』という状況だったようです。

そりゃ相方だけ抱っこされたら怒れてしまうのも無理ないけれど、もともとはキャンディくんからの救済目的だったんだよね。だとしたら、ミントくんのことを責められないと思うんだけれど…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

박하사탕봉지🍬さん(@mint._.candy_bj)がシェアした投稿 -

 

パパ「ママと遊びたかったな…」

家の中にいる4頭のパピー。みんな窓際に大集合して、外に出してくれる時を今か今かと待っています。そして窓が開けられ、我先にとトコトコ走って行く先は、彼らのママのところでした。

というのも、彼らは今お昼寝から目覚めてお腹がペコペコ。ママのミルクを飲みに一目散にかけよったのです。

しかし、そこで注目したいのは少し遅れて後方からご機嫌で走ってくる柴犬の姿。こちらはパピーたちのパパです。「ママ〜あそぼ〜」とばかりにをボールを咥えてウキウキやってきましたが、時すでに遅し。ママはパピーたちに囲まれて身動きができません。「うう…」とばかりにパパはその場でうろつき、自分の子供たち相手に撃沈するのでした。

この姿、ちょっぴりかわいそうにも見えますが、パピーに負けないくらいの可愛さがありますね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shiba Meets World 🌎さん(@shibameetsworld)がシェアした投稿 -

 

今回ご紹介した柴犬たちは、どちらかといえば微笑ましいジェラシーを見せてくれました。しかし、あまりにも攻撃的な行動をとったり、気を引こうとわざとトイレを失敗してみせたり、家族の邪魔や気を引く行動をすることがあったらそれは究極のジェラシーサインかもしれません。そんな彼らのために私たちにできることは、「大好き」という気持ちをたくさん伝えてあげること。さらに、元から嫉妬するような状況をつくらないように注意してあげるということが大事です。多頭飼いしているオーナーさんは、どうぞ平等を心がけて、彼らの気を立てないようにしてあげましょうね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

嫉妬しちゃう!自分も撫でてほしい柴犬のハナちゃんにキュン♡が止まらない

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事