2019年7月20日5,940 ビュー View

【コレはどんな気持ち?】柴犬たちの”しっぽの形”からその感情を探ってみた。

怒ったときや悲しいときなど、人間は顔や態度にその様子が出ます。しかし、なかには気持ちを表に出さない方もいるので、考えを読み取るのはやはり難しいことだと言えるでしょう。その点動物は違います。特にしっぽを持つ犬や猫は、たとえ感情が顔に表れなくてもしっぽにその気持ちが出てしまうことがあります。今回は、柴犬たちのしっぽの形に注目して、そこから「柴犬が今、どんな気持ちになっているのか」を想像してみたいと思います。いろんな形があるところにも注目です!

リラックスモードの”巻き尾”

ソファの上で目を閉じている柴犬。どうやら眠くなってソファで寝てしまっているようです。とっても可愛らしい様子で、スヤスヤとリラックスしているようですね。

そんな柴犬のしっぽを見てみると、根本から少し伸びていますが、その後ろ側はくるんと丸まっています。実はこちらの柴犬は、かなりくるんとした”巻き尾”の持ち主。しかし、先端にむかっている間に少し伸びかけているこの様子を見ると、かなり気を抜いてリラックスしている状態だということがわかります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

フク豆さん(@fukumame530)がシェアした投稿 -

 

比較してわかりやすいのが散歩の時間です。意気揚々とお外へ繰り出したこの”元気ランラン”なお顔をみれば今が楽しい気持ちだということはわかるでしょう。

そんな時のしっぽをご覧ください。先ほどの安心したリラックスよりもかなり巻いていることがわかります。これは気持ちが高まっているという証拠。もはやお尻の上に乗っかってしまっていますからね。

このように、気持ちがわかりやすい柴犬たちのしっぽは、モフモフとした形だけではなくそういった意味で見ても、本当に愛らしく感じられる部位なのです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

フク豆さん(@fukumame530)がシェアした投稿 -

 

ちょっと不満な”薙刀尾”

この柴犬は、壁際に伏せて目をつむっていますね。どうやらこの時はちょっと退屈で、どこかに行きたいなあと思って伏せている状況だったようです。

そんな柴犬のしっぽはほぼ水平になっていて、先端だけが上に向いてあがっていますね。このように水平な状態は、緊張こそしていないものの、何かに少し興味を示している、という時です。状況から行くと「退屈だし、何か楽しいことが起きないかなあ」とお家の中で耳を澄まして過ごしていたのかもしれませんね。

 

ちなみに、しっぽが真っすぐで先端が上にあがっている様子は”薙刀尾”(なぎなたお)と言います。いつだって楽しいことを探している柴犬ですから、「この様子、愛柴で見たことがある」という方もいるかもしれませんね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kayo Yumikuraさん(@kayo127)がシェアした投稿 -

 

強気な太い”左巻き尾”

ふさふさで太い巻き尾がとてもキュートな柴犬。巻き尾は左側に向いているので、そのまま”左巻き尾”と呼ばれます。そんな左巻き尾が背中についていますが、しっぽが上に向いているときはもちろん元気がある証拠です。しかしこれはお家の中にいるときの画像なので、先ほどの柴犬よりもさらに強く楽しみを探しているのでしょう。いうなれば「何か楽しいことをしたい、誰か遊んでくれないかな?」とでもいう感じでしょうか。

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

toto.1224-nishijimaさん(@nishijima.yoo)がシェアした投稿 -

 

おまけ

こちらは、オーナーさんがそのしっぽに触れたくて、ついついツンツンしてしまったという動画です。そんな様子を覗いてみると「ツン」とされた後に小刻みに「ふるふるっ」と揺らしていますよね。これはきっと「何? やだよ」というアピール。よく虫などを払い避ける時に見られますが、きっと少し不快に感じて「避けたい」という意味でふるふるっとしていたのでしょうね。その証拠に、カメラがお顔の方に行くとなんともわかりやすく「なに〜」という顔を浮かべています。

とはいえ、その巻き尾はくるんと立ち上がるでもなく少し伸びたままの状態をキープしていますから、オーナーさんだからこそ許された、遊びを兼ねたコミュニケーションだったのでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

shuring-mandalaさん(@shuriiing)がシェアした投稿 -

 

しっぽは本当にその時の感情をよく表すもの。もちろんこれ以外にも恐怖を感じると垂らしたり、逆に戦闘モードになれば直立にしたりとさまざまな動きを見せます。

特に新米オーナーさんは、このようなしっぽの動きを調べてみたら、どんな感情でいるのかは丸わかりですので、あくまで「1つの指標」として勉強してみたらより良いコミュニケーションを図れると思いますよ。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬好きは、彼らのしっぽを眺めていたらあっという間に日が暮れる。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事