2019年7月28日19,665 ビュー View

【動画】「はっ!」ボ〜ッと散歩していたら大嫌いな病院に自ら入ってしまった柴犬貫太が愛おしい。

今回ご紹介するのは柴犬の貫太が、病院で注射を受けに行く時の動画です。もちろん病院は誰だってあまり好きではないところですよね。特に動物たちは、行くたびに体を押さえられたり何をされるかわからなかったりするので、良い印象を持っていない子が多いはずでしょう。そんな貫太もしっかりと苦手な場所なのですが、その道中何やら不穏な空気を察知してか、心ここに在らずな状態で歩いて居たらなんと…誤って(?)自ら病院に入ってしまったのでした。そんなおとぼけな行動から注射を行うまでの貫太の一部始終を、どうぞご覧ください!

入ってから気づいて大パニック!

 

こちらが今回の主役の貫太。お散歩に出かけていたようですが、いつもと違う道であるということに気づき、「もしかして…」とちょっとだけ不安げな表情を見せています。しかし、そんな何かを感じながらもそのままトコトコ歩き続けます。

 

そうこうしているうちに病院に着きました。貫太は「まさか…まさか…」と心で唱えていたのでしょうか、嫌いなはずの病院に到着したことにも気が付かずに自分から率先してトコトコと院内に入っていきます。これにはオーナーさんも「気づかず入る〜…」と苦笑い。まあ病院前で駄々をこねられるよりは良いのでしょうが、全てをわかっているこちらとしてはなんだかちょっと「ゴメン…」という気持ちにもなりそうですね。

 

そして当の貫太は待合室に入り、ここでやっと「はっ」と気が付きます。が、それはもう後の祭り。パパさんの足元にリードを引き寄せられながら「やばい、やばい、やばい!」とばかりに、わかりやすく慌てた様子に…。

 

ドキドキが止まらない…!

 

受付の人の声にドキッとする貫太。その後はこの状況をはっきりと理解したのか、「ハッ、ハッ、ハッ」と不安な気持ちを表すように舌が出しっぱなしです。ついには挙動不審になり、椅子の上に上がろうとします。

まるで「怖いよ~、逃げたいよ~」とでも言っているかのようで可哀想にも思えますが、誰も好きこのんで注射をしにきたわけではありません。貫太に必要なものだから来ているのです。しかしそんなことはわからない貫太はなんとか逃れようとしますが、オーナーさんの「ダメ」の言葉を聞きパパの足元に隠れます。

 

そして待合の間、窓から切なそうに外を見つめます。足にはリードが絡まり、そしてしっぽはお尻を包むようにだらんと下がりっぱなし。もうひたすら怯えている様子が手に取るように分かりますね。

さらに呼吸は荒くなり、貫太はもうドキドキの極み。「貫ちゃん、大丈夫」とママさんに諭されても、そんな声は全く届いていないようです。

 

もう観念するしかない…

さて…ついに貫太の番がまわってきて、診察室に入るとパパさんにがっしりと抱きかかえられてしまいました。これではもう観念するしかありませんね。貫太も口を閉じ、パパさんに身を委ねるようにじっとしています…というよりは固まってしまっています。

 

そして先生の動きに敏感になり、「何をするの?」と心配そうに目で追います。まず行った触診は体を固くしたまま受けました。そしてまた先生が離れ、いよいよ注射の準備をしに行きます。

自分を抱えるパパさんの手にも力が入り、緊張の瞬間が近いことを悟る貫太。そのお顔は「もう…どうにでもしてくれ…」と言ったところでしょうか。

 

そして、準備している注射がチラッと目に入り、思わず「ひえ~っ!」。

しかし! ここまで不安な様子を見せつつも、なんと実際の注射中はとっても良い子に過ごすことができたのです。これは褒めてあげられるものでしょう! 怖かったのにじっとしていられてとっても良い子だったね、貫太!

 

ホッとして水をがぶ飲み!

やっと診療が終わりお外に出た貫太は、ここでやっと怖さから解放されます。いざ診察が終わって心に余裕ができたのか、なぜかまた病院の方に向かおうとした貫太。そこまでの元気が戻ったのならもう安心だね。ママさんの「帰ろ帰ろ」の一言で、家の方に歩き始めます。

 

そして無事家に到着すると思わずお水をガブ飲み! 病院ではたくさんハァハァしたから、喉も乾きっぱなしだったよね。

 

ついうっかり自ら病院に入り、後から「しまった!」と気づいた瞬間、貫太には申し訳ないけれどちょっと笑えてしまいましたね。

その後はもうわかりやすくドキドキが加速する様子がなんだか生々しく、そして同時に心がキュンとしてしまいました。

 

最後にママさんが「先生の手を噛まなかった」と褒めていましたが、確かに診察中は騒いだり暴れたりせずに、とってもおとなしく診療を受けられましたから、いっぱい頑張ったよね、貫太。また病院がいくことがあっても、次も良い子で受診してきてね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

動物病院で頑張っている柴犬たちを見ていると、つい一緒に頑張りたくなる。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事